1,170万kW/1,819万kW (09/21 07:15)
64%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=274188
2017年01月21日(土) 

先日京都の鞍馬へ雪を見に行きましたが、そのときに撮った写真でアップしてないものが何枚かありました。

 

鞍馬寺境内のトイレの案内板です。鹿のマークが描かれています。

その意図は、解るような解らないような。 (^_^)

 

倒木による電車の不通で、途中までバスで移動しました。

国際会館駅前行きのバスが来たので、それに乗って終点で降りましたが、そこからは比叡山が真っ正面に見えました。この道路は高校駅伝の男子と都道府県対抗女子駅伝のコースになっていて、ここは折り返し点になるところです。《ここを走るランナーたちはどんな気持でこの景色を見ていたのかな?》と思いました。

 

国際会館前から叡山電車の宝が池駅まで歩いて、そこから出町柳駅まで電車に乗りました。

まだ夕方までは大分時間があったので、駅前から高野川に架かる橋を渡って、賀茂川との合流点で休憩することにしました。

橋を渡ったところで振り返ると、白地に黒の大文字が見えました。こんな大文字を見たのは初めてです。

 

ベンチで休んでいたら、すぐ近くでトンビの鳴く声が聞こえました。声のする方向を見ると、ベンチの横の松の木のてっぺんにとまっていました。

高野川や賀茂川の辺りにはトンビが非常に多く、河原で食べている弁当などを狙って低空飛行する姿を見たことはありますが、こんな至近距離で、しかも静止状態で見たのは初めてです。

 

 

今回の鞍馬紀行では、雪景色以外にも面白い風景を見ることができました。


閲覧数289 カテゴリ日記 投稿日時2017/01/21 14:26
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み