2017年05月19日(金) 

 マルチブートの定義とマルチブート出来ない理由。

 

 マルチブートの定義はウィキペディアによれば”マルチブートとは、1台のコンピュータに接続ないし内蔵した、複数台のディスクないし複数パーティションに、複数システム(オペレーティングシステム)をインストールし、どれかを選んでブートするようになっている、といったような状態のこと”らしく2つの場合をデュアルブート、3つ以上をマルチブートと呼んでいます。

 

・Windows 行儀の良いマルチブートの定義

 

 ”行儀の良いマルチブート”は私の造語?で定義は有りません。
定義は自由に作れるので、今から”定義します”

 

 ”Windowsのマルチブート環境では起動ドライブはCになります。通常であればそれ以外のパーテーションは本来インストールされているドライブ名とずれて表示されます。

 

 このことはマルチブートOS間でのユーザーファイルの共有でトラブルのもとになります。そこで、起動ドライブはC、それ以外のOS、DATAは本来インストールされているドライブ名で表示するように設定できます。このように設定されたマルチブートが行儀の良いマルチブートの定義です。

 本来のCドライブは非表示になります。これはブート情報を壊さない有利な設定です。”

 

・3988 マルチブート-PC

https://www.youtube.com/watch?v=4VsSxmFvTpg

 

 

 

※マルチブートの設定が出来ない理由。

 

 マルチブートで有れば最小構成でもOSが3つと共有パーティション1個で4個のパーティションが必要になります。

 

マイクロソフトやパソコンメーカーはデュアルブートやマルチブートがお嫌いなようで、出荷状態でデュアルブートやマルチブートが出来ない仕組みになっています。

 

 最近のパソコンではUEFI + GPT環境で一台のハードディスクに一つのx64ビット版のOSのみインストールされています。

 

 従来のMBRフォーマットでは出荷状態で基本パーティションが4個使われていて一台のハードディスクにはパーティションの追加が出来ない仕組みになっています。

 

例 システムで予約済み+OS(C)+リカバリ領域+OEM領域

 

・MBRとGPTの違い(HDDの初期化)

http://momomhf.doorblog.jp/archives/1272212.html

 

 当事務所では上記の何れの場合でもマルチブート出来る方法を確立しています。

 

  

 

 


閲覧数31 カテゴリwindows マルチブート 投稿日時2017/05/19 12:28
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
ほかの[ 05月19日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み