■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=278238
2017年05月19日(金) 

今日の昼ごはんで丼にして食べた鱧皮の残り(と言うより、こちらの方が本筋)を、塩揉みした胡瓜と共に甘酢で和えました。大阪ではこれを「ざくざく」と呼んでいます。

ざくざく」の名の由来は諸説あって、『胡瓜を刻む音から来た』という説をとなえる人もありますが、僕は『食べるときの音から来た』というのが正解だと思います。

それはともかく、これは酒の肴としては最高ランクに入る料理だと思います。

まぁ一度食べてみてください。これが不味いという人があったら、その人は舌がおかしい。 (^_-)

 

 

この鱧皮は、蒲鉾などの練りものに使う鱧の身を取ったあとの皮で、普通なら捨ててしまうところですが、それを炙って香ばしさを出し、それを胡瓜と合わせて酢のものにする。そういうことを考えた大阪人の大先輩に、僕は最大級の賛辞を贈り、敬意を表したいと思うものであります。


閲覧数22 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2017/05/19 20:46
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して14年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 05月19日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み