2,101万kW/2,651万kW (08/26 17:45)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=280263
2017年07月23日(日) 
20年ちかく前に、ラジオ関西でお世話になった小林睦朗さん(現和歌山放送パーソナリティ)さんから、安楽川地区(安楽川之荘)・山名農園の「あら川の桃」を頂きました。箱を開くと桃独特の芳しい甘い香りが部屋に広がり、その姿の美しさにうっとりする素晴らしい白桃です。

和歌山・安楽川地区での桃栽培は、1782年に摂津国池田荘の桃樹を導入したことに始まるとされています。その後、桃の栽培に適した排水の良い砂質土と紀の川の恵まれた水源に加え、温暖な気候などの条件が揃い、また、栽培技術の向上や品種の研究によって、非常に高質な桃が生産されました。明治時代以降は「あら川の桃」として和歌山市場を中心に販売されていましたが、交通機関の発達によって、大阪を中心とした関西市場を中心に、北海道にまで販路を拡大しました。

歴史ある「あら川の桃」を発展させるため、1994年に商標登録が行われましたが、商標使用許可を得ずに「あら川の桃」の名称を使用した桃が市場で流通して、消費者はじめ市場関係者からの桃の品質等に関する苦情が増加しました。このことから、2002年1月に桃山町内の桃生産農家をはじめ、各生産組合等が集まり「あら川の桃振興協議会」が設立されて、登録商標の一元管理と桃の品質向上に努めるべく様々な活動を行っておられます。

ブランドを守るのは大変な苦労があるんですね。心して頂くことにしたいと思います。

閲覧数189 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/07/23 16:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 07月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み