■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=280803
2017年08月12日(土) 

武器ではなく命の水を 医師中村哲とアフガニスタン

https://www.youtube.com/watch?v=Fu_iiTKIeos

 

 


 

 

アフガニスタン 永久支援のために 中村哲 次世代へのプロジェクト

https://www.youtube.com/watch?v=kjk3lgS7_1g

 

 


 

 

海外の反応 日本の技術が奇跡を起こした アフガニスタンに緑の大地がよみがる 中村哲医師とペシャワール会の活動に世界から賞賛の声【修正版】

https://www.youtube.com/watch?v=T_ndvh8iLAg

 

 


 

 

海外が感動する日本の力!アフガニスタンの砂漠を緑化成功!奇跡を起こした日本人!

https://www.youtube.com/watch?v=PgdO2NwKQkw

 

 

ペシャワール会

http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

 

ここにこそ動かぬ平和がある
-用水路は現地活動25年の記念碑
PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/kaiho/gogai2%20…kamura.htm

 

 

 ガンベリ沙漠はアフガニスタン東部のジャララバードから15キロメートル北にあり、その幅4キロメートル、長さ20キロメートル、ニングラハルとラグマンとの州境に当たる。

 

https://www.google.co.jp/maps/@34.5460407,70.545934…authuser=0

 

この辺りかなぁ~? D.E.


閲覧数89 カテゴリ戦争と平和 コメント1 投稿日時2017/08/12 16:41
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/08/13 12:06
    アフガンに命の水を ~ペシャワール会26年目の闘い~

    http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/031212_6.html

    日本電波ニュース社


    アフガン東部・ニングラハル州。数年前まで荒れ果てていた大地が、今、豊な麦畑に変わろうとしている。荒れ野を麦畑に変えたのは一本の用水路からの水だ。そして、その用水路の建設に当たったのは数十人の日本人と延べ60万人のアフガン農民たち。

    建設の陣頭に立って来たのは日本人医師・中村哲さんだ。中村さんは医師でありながら、干ばつで荒廃した農業を復活させようと、用水路の建設に邁進してきた。完成すれば、およそ3000ヘクタールの緑が甦るという。着工から6年。数々の困難を乗り越えこの夏、完成予定だ。一部通水を始めた水で緑も甦り始めた。しかし、一方で米軍と地元武装勢力の衝突は激しさを増し、空爆による被害者も後を絶たない。干ばつと戦乱で疲弊していくアフガンの人々を尻目に、未だ国際社会は“テロとの戦い”に固執し、軍隊の増派も進められている。だが、中村はアフガンの状況をこう喝破する。「ここで起きていることは政治の問題ではなく“パンと水の問題”だ。アフガンに必要なのは農業ができる環境であって、軍隊ではない」と。

    国際社会が“アフガン問題”を巡り議論を繰り返す裏で、戦乱と干ばつは日々深刻さを増し、一刻の猶予もない状態だ。中村医師は渾身の力でこの状況と戦っている。泥沼化するアフガン問題への一つの“解”を示すために。
    企画:ペシャワール会
    制作:日本電波ニュース社
    DVD 56分  価格 2,500円+税(送料別)
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
ほかの[ 08月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み