2017年08月12日(土) 
 信濃毎日新聞の大特ダネ。たまたま長野県に滞在していたので、紙面を読むことが出来た。

 昭和史に残る大疑獄「ロッキード事件」は、国内航空大手の全日空の新ワイドボディ旅客機導入選定に絡み、自由民主党衆議院議員で(当時)前内閣総理大臣の田中角栄が、1976年7月27日に受託収賄と外国為替・外国貿易管理法違反の疑いで逮捕されたという前代未聞の事件である。
 米議会上院の公聴会がロッキード社の対日工作を公表した1976(昭和51)年2月4日に初めて明らかになったとされてきたが、同紙によると、それ以前に在米日本大使館が公表内容の概要を把握していたことが分かったというのだ。
 当時の在米日本大使館1等書記官で、後に駐フランス大使も歴任した男性(78)が10日までに信濃毎日新聞に証言したという。
 昨日付の信濃毎日新聞で知った。同紙はこの外交官の手記を4回に渡って掲載するそうだ。

・ロッキード事件概要 在米日本大使館員が事前に把握 8月11日付信濃毎日新聞(写真上)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170811/KT170…012000.php

閲覧数82 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/08/12 20:43
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南総の寅次郎さん
[一言]
人情、景観…寅さんが似合う南房総にしたいが…。▼ Every person is a new door …
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み