■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=280819
2017年08月12日(土) 
射程20km程度のPAC3では市民の命を守れないのは明らか。なのに新聞もTVも報道を繰り返している。

パニックを抑えるため内閣府あたりからマスコミ各社に配信指示しているのかも知れない。

これまでも楽観的観測を尻目にミサイル発射を繰り返してきた北朝鮮、グアム周辺にミサイルという今回の脅迫にも対応しておくのが賢明。

北朝鮮のミサイルに不具合が発生すれば、頭上に高温高速で破片が降ってくるかもしれない。

とんでもない方角に飛んでくるかもしれない。北朝鮮の技術を信じることは無理だ。

どこに居ても常に逃げ込むための頑丈な建造物を把握しておき、Jアラートが発せられたら直ちに避難すること。

カブキは家にいる場合は掘り込みガレージを使おうかと思う。外出時はスマホをマナーモードにしないでおこう。

実際のところ発射確認に5~10分ほどかかるのでアラートが発せられたころには頭上を通り過ぎたあとか、破片が降ったあとか...

閲覧数98 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/08/12 22:29
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/08/13 04:10
    発射探知に要する時間は1分ほどなのに遅れるのは誤報を恐れ確認に手間取るから。このような場合は拙速を恐れず対処して欲しいものだ。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み