1,282万kW/1,877万kW (09/22 08:25)
68%
2017年09月10日(日) 

Linux-Ubuntu 16.04 LTSインストールとWindowsとのデュアルブート-1

 

 使っていないパソコンをLinux-Ubuntu 16.04 LTS専用にするのなら簡単ですが一般的にはWindows7かWindows10とのデュアルブートが適当だと思えるのでその手順を・・・・

 

 市販のパソコンでデュアルブートやマルチブートを構築するのは簡単では有りません。一般的なスキルで挑戦してもほぼ無理だと思います。

 

 理由は市販パソコンでは出荷時に隠しパーティションを含め基本パーティション4個を使い切っているのでデュアルブートやマルチブートの為の領域が確保できないからです。

 

 特にWindows8.1の市販パソコンからハードディスクのフォーマットがGPTになりUEFI の セキュアブートが採用されました。このシステムではインストール出来るOSはx64ビット版に限られ複数のOSはインストールできません。

 

 市販されていたデュアルブートやマルチブートを構築するユーティリティソフトも姿を消しているようです。

 

 Xp時代以前よりデュアルブートやマルチブートを構築していたのでその時代はシステムセレクターと言うアプリケーションに頼っていましたがそれ以降は試行錯誤しながら独自の方法でXpからWindows10それにLinuxまで自由にマルチブート出来るようになりました。

 

  


閲覧数254 カテゴリ日記 投稿日時2017/09/10 17:48
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み