1,433万kW/2,707万kW (09/17 06:45)
52%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=28257
2007年11月14日(水) 
2007.11.14(水)
毎週 お薦めCD、思い出のCD レビューを掲載しています。
今週は 採点が甘いかな?

1)シニード・オコナー 「蒼い囁き」
2)熱帯JAZZ楽団 「Ⅵ En Vivo」(2枚組)
3)サイモン&ガーファンクル 「セントラルパーク・コンサート」

     ◇     ◇     ◇

<female vocals>
1)シニード・オコナー 「蒼い囁き」
ASIN: B000V3PSH6

Rウォータースの「theWALL」ベルリンコンサートで

丸刈りの彼女をみた日からファンになりました。

プリンスの曲「Nothing Compares 2 U」を筆頭に

彼女の切なげな歌声に魅了されました。

一時期、引退宣言していましたが

最近またカンバックするようで、うれしい限りです!

私の評価:☆☆☆☆☆

     ◇     ◇     ◇

2)熱帯JAZZ楽団 「Ⅵ En Vivo」(2枚組)
ASIN: B0000677SV

熱帯JAZZ楽団のライヴは最高に盛り上がる。

その興奮が伝わる、2002年3月のコンサートを収録した本作は、

文句なしの2枚組。

好きな曲はラストのAW&Fの曲「セプテンバー」。

こうしたラテンアレンジで、カバーするのも素敵ですね。

来年の夏は「ラテンdeオカリナ」コンサートをしようかな?

私の評価:☆☆☆☆☆

     ◇     ◇     ◇

<my favorite > 
3)サイモン&ガーファンクル 「セントラルパーク・コンサート」
ASIN: B000T17ZW6

中学生の頃、はじめて英語で歌った歌が

サウンド・オブ・サイレンスでした。

辞書を片手に歌詞を訳して、英語の勉強にもなりました。

グループ解散後いろいろありましたが、

81年9月、雨のセントラル・パークで行なわれた

感動のリユニオン・コンサート。

やはり、何度聴いても 彼らの歌声は不滅ですね!
私の評価:☆☆☆☆☆

閲覧数1,165 カテゴリ本・CD・ワイン コメント0 投稿日時2007/11/14 12:39
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
hiroさん
[一言]
オカリナをこよなく愛しています。 動画はコチラ http://www.youtube.com/user/…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み