■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=283730
2017年11月15日(水) 
国連で開かれているロボット兵器についての国際会議。一体どんなことを話し合おうと言うのだろうと気になる。

昔読んだアシモフのロボットSF小説で述べられていた三原則の重要性が60年以上経って現実のこととなってきた。

兵器とはつまり社会を破壊し命を殺し合う手段だ。「ロボットは人間に危害を加えてはならない」という第一原則は守られるのか。

当然「そんなことでは兵器とは言えない」という議論にもなるだろう。攻撃能力のない偵察機能に留めれるだろうか。

二次大戦下の地下抵抗活動を描いた映画「灰とダイヤモンド」には一抱えほどの大きさのキャタピラーつき偵察ロボットが出ていた。

現実に存在したのだろう、遠隔操作のケーブルを引きずり当然爆発装置も搭載していたと思う。

しかしお互いの殺戮手段を、集まって話し合うなんて人間は賢いのかナサケナイ馬鹿なのか。

閲覧数60 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/11/15 00:37
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月15日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み