1,500万kW/2,433万kW (01/20 05:25)
61%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=285238
2018年01月12日(金) 

寒いけれど、わが家の近くでカワセミが見られるのはこの季節しかありません。

というわけで、昨日の昼過ぎに市民の森(枚方市)へ出かけました。

ここは古代からあったという池を中心に整備された公園で、毎年冬になると、池に魚を獲りに来るカワセミが見られられるのです。

 

事務所の横から池を見下ろすと、さざ波に日光が当たって、水面がキラキラと光っていました。こういう風景は、冬に見ると特に美しく感じます。

 

事務所の下を通ると、ま新しい「杉玉」が吊り下げてありました。酒蔵でもないのに。 (笑)

 

その向うの展望台では、3人のオジサンがカメラを構えていました。どうやらカワセミが来ているようです。

 

彼らのカメラの先を見ると、池の上に突き出た枯れ枝の先に1羽のカワセミがとまっていました。

ここからカワセミまではかなり距離があって、僕が持って行ったカメラでは無理なので、池の北側へ回ってみました。

少しは近くなりましたが、雀ほどの小さな鳥を撮るには遠すぎて、しかも逆光なので、こんな写真しか撮れませんでした。

池の南側だと距離がずっと近くて、いい写真が撮れるのですが(右の写真)、カワセミの気分次第ですから仕方ありません。

  


閲覧数40 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2018/01/12 10:11
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して15年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み