1,767万kW/2,105万kW (05/21 15:45)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=285250
2018年01月12日(金) 

今日は午前中も午後も移動が中心で、途中の観光地にちょこちょこと寄るだけの一日でした。


コルターベイビジターセンターを出て、ちょっと南のジェニー湖に向かいます。
あ、また鹿が居ました。心なしかよろよろしているように見えます。まだ子供でした。

 

 

 

またちょっと走り、シグナルマウンテンキャンプグラウンドに立ち寄ります。

何か小さな動物がすごい速さであちらへこちらへと走り回っています。
向こうに行ってはこちらに戻ってきてチョコチョコ動き回っています。
動きがとても速いのでどんな動物かよくわかりませんが、大きさやすばしこさから見るとリスのようです。


ちょうど私の目の前の倒木にピョコンと現れました。何しろじっとしていない動物です。慌ててシャッターを切ります。
一瞬遅れたかと思ったのですが、写真を見るとぎりぎりで全体が写っていました。
やはりリスでした

 

 

 

まだジャクソン湖のほとりです。
ちょっと雲が薄くなったようで明るくなってきました。

 

 

 

ここで昼食です、サンドイッチとどろっとしたスープ。
久しぶりの食パンが美味しかったです。

 

 

 

 

昼食が終わってまた移動です。熊に出会ってからは短時間でちょこちょこ停まっていましたが、ここからは結構連続で走ります。
1時間ほど走るとジェニー湖と言う湖のほとりに出ます。先ほどのジャクソン湖と比べるとずっと小さい湖です。

ジェニーレイクオーバールックジェニー湖見晴台)と言う所で写真タイムなのですが、雲が厚くなって今にも降り出しそうなお天気になってきました。
写真は御覧の通りまるでモノクロです。向かい側の山が何とか見えるのがやっとでした。

 

 

 

そして、今日最後の寄り道はジェニーレイク・ビジターセンター
雨が降ってきました。

 

多分この建物の中だったと思うのですが(はっきりとした記憶にありませんが、ほかに建物は無かったと思います)ホールにはかなり大きなジェニー湖を中心としたジオラマが有りました。


これを見ると今自分たちが走ってきたところがかなり理解できました。

写真の細長い湖の右側の先っぽ辺りから湖のこちら側を走り途中見晴台やビジターセンターに立ち寄り、
湖がこちら側に飛び出ている辺りを大回りして向こうの方に進み、丸っこい湖、ジェニー湖のほとりまで来たのです。

 

 

この地域にまつわるいろいろな展示品が有りましたが、先ほど見た熊、グリズリーベアともう一種類のブラックベアの大きさを比較した絵が有りました。
グリズリーベアの前足の爪(勾玉みたいな形に描かれている)はブラックベアに比べてはるかに大きいですね。怖いです。

 

 

建物の外にはムースと言う鹿の像が有りました。実物を見ることは有りませんでしたが出会えるチャンスはエルクより難しいようです。

 

 

今日の観光はこれで終了、今夜と明日宿泊するティートンビレッジのホテルに向かいます。

 

 

 


閲覧数47 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/01/12 18:29
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/01/13 09:08
    ちかさん
    山の裾だけ見えたんですね❗

    アメリカはリスが触れる所まで来てくれます、何でかなあ?
    次項有
  • 2018/01/13 10:52
    鉛筆zosanさん
    > ちかさん
    とにかく雲が低く垂れこめて・・・、山が有ることだけは何とか確認できました。
    リスは、民家の庭なんかにもいますね、アメリカはリス大国。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
82歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月12日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み