2,090万kW/2,534万kW (02/18 15:05)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=285418
2018年01月18日(木) 


「スノースポーツでは、ヘルメットなどの保護具を装着しましょう!」

 子どもがスキーやスノーボード、そりなど、スノースポーツ中の転倒や衝突により、骨折や脳挫傷などの大けがを負う事故が発生しています。特に、転倒・衝突時に頭部を打つと、命を落とすこともあり非常に危険です。

「2メートル位の高さの斜面からそりで滑っていて、鉄柵に激突し頭部を打撲した。救急外来を受診、脳挫傷で入院した。」(3歳)(※)

 スキー、スノーボード及びそりは、急に止まることができません。スピードが速いと転倒や衝突による衝撃も大きく、大けがをするリスクが高くなります。また、子どもは技量が未熟であったり、むちゃをしたりして、滑るスピードを上手くコントロールできずに事故を起こすことがあります。
子どもがスノースポーツをするときは、ルールを教え、保護者など周りの大人が必ず見守り、また、転倒や衝突による事故の衝撃から身を守るため、ヘルメットなどの保護具を必ず装着させましょう。

(※)医療機関ネットワーク事業による事故情報:消費者庁は独立行政法人国民生活センターと共同で、医療機関(平成29年10月時点で23機関が参画)から事故情報の提供を受けています(平成22年12月運用開始)。

(参考)
日本スキー産業振興協会 安全啓発ポスター
http://www.ski-jsp.jp/enlightenment.pdf

全国スキー安全対策協議会
国際スキー連盟(FIS)による10ルール
http://www.nikokyo.or.jp/safety-snow/10fisrules.pdf

○「消費者庁 子どもを事故から守る!」公式ツイッターについて
様々な子どもの事故防止に役立つ情報を随時発信しています。
=>https://twitter.com/caa_kodomo
○「子どもを事故から守る!事故防止ハンドブック」について
 消費者庁では、6歳以下の未就学の子どもに起こりやすい主な事故と、その予防法等をまとめました。保護者の方々、教育・保育関係者の方々はぜひご覧ください。(PCサイト)
=>http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safet…2_0001.pdf
○ 子ども向け商品などのリコール情報を掲載しています。
 PC => http://www.recall.go.jp/
 携帯 => http://www.recall.go.jp/m/
○ お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。(PCサイト)
 => https://form.caa.go.jp/shohisha/opinion-0013.php

■ 消費者庁サイトはこちら(PCサイト)
 => http://www.caa.go.jp/
■ 過去の「子ども安全メール from 消費者庁」を見る(PCサイト)
 => http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/

(配信元)消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト
〒100-8958 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎第4号館

閲覧数142 カテゴリ消費生活 コメント0 投稿日時2018/01/18 12:29
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み