1,850万kW/2,246万kW (05/25 11:15)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=286095
2018年02月13日(火) 

最近、あちこちで「海老マヨ」という料理を見かけるようになりました。一見して「海老チリ」=干焼蝦仁(カンシャオシャーレン)という中華料理のパロディと思われます。

簡単に言えば、海老チリの辛いソースの代わりにマヨネーズを主体にした甘いソースで味付けしたもので、ネットで検索したレシピの多くは、マヨネーズのほかにケチャップや練乳(又は牛乳と砂糖)が使われています。

そういうこともあってか、これをメニューに入れている店は、お子さま向きのファミレスや若者向きのオシャレな店が多く、僕がよく行く大衆中華の店「餃子の王将」のメニューにはありません。

それで、僕でも食べられる大人向きの海老マヨをつくってみました。

 

塩と酒で下味をつけた海老に片栗粉をまぶし、やや多めの油で焼くところは一般的な方法と同じですが、ここでXO醬を加えたところが違います。これで中華風の味になり、辛味も加わります。(XO醬がない場合は少量の豆板醤でもよいでしょう。)

一方、ソースには練乳や牛乳、砂糖は使わず、酒で薄めました。これにより、甘さが抑えられます。

海老に火が通って赤くなったらソースを流し入れて混ぜ合わせ、少し加熱して海老とソースが上手く絡んだ状態になったら「大人向きの海老マヨ」の出来上がりです。

 

写真は一人分で、バナメイエビ100g(9〜10尾)とXO醬大匙1/2を使いました。


閲覧数39 カテゴリお父さんの料理 投稿日時2018/02/13 08:43
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して15年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
ほかの[ 02月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み