1,805万kW/2,238万kW (06/18 16:25)
80%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=286318
2018年02月21日(水) 
1月26に虐待されて やっとわが家にたどり着いた 外猫ちゃん

名前は一応チョビ・・・

もうすぐ一月になるけど 
ケガの状態は瞼の上は綺麗になって来たけど
耳と背中はなかなか治らない。

バリカンでやられた背中は
細かい傷が大きく広がり上皮が剥がれてきて
痛そうです。

耳はガタガタにちぎれていてまだ治りきれない

私が持っていた抗生物質の錠剤を6分の一に分けて与えている。


●昨日駅前の駐在所の前を通ったので
若いおまわりさんに これこれこうで・・・と説明して届を出した。

〇外猫だけど 近所でこんなことをする人間がいること
〇動物虐待だけでもこれが子供やお年寄りに向かうと大変な事になる
〇自由に走り回っている我が家の猫もやられかねない
〇二年ほど前にも上皮の剥がれた猫を見た

すぐにお巡りさんが我が家に来て
状態を見て写真を撮って行きました。

閲覧数139 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2018/02/21 09:35
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/02/21 10:34
    ひどいことをする人がいますね。
    動物虐待からエスカレートすることはよくありますから警察に届けたのはよかったです。(捜査してくれるのかしら?)

    助けを求めに夢子さんのところに来たのね。
    チョビちゃん、こわかったでしょう。痛かったでしょう。
    はやくよくなってね。
    次項有
  • 2018/02/21 16:43
    > くちべにがいさん
    ありがとうございます。
    昨日に引き続き今日も生活安全課の
    刑事さんが来てくれて写真や話を聞いて下さって
    捜査の始まりです。
    次項有
  • 2018/02/21 11:40
    ひどいことをする人に気持ちが分かりません!?
    人間不信にならなければいいのですけど。。。
    次項有
  • 2018/02/21 16:47
    > ヘイクロウさん
    人を疑うっていやだけど
    これがだんだん人間に向かわないようにしたいです。
    外猫のチョビちゃん
    まだまだ触らせてくれません。
    そっと見ているだけです。
    次項有
  • 2018/02/21 12:11
    ひどいことするのですね。
    割りに近くの者かも・・。
    早くよくなってね。
    息子のとこが、町内の捨て猫を進んで預かり二年ほどしてもう一匹、預かって現在二匹、家の中にいますが、後からの子はお世辞にも可愛いとはいえないためか、ものすごく人を怖がっています。
    やはり虐待されてものと思います。
    そんな風にいじけた子となった子は可愛いですけどね。
    僕が行ったら絶対に顔を見せません。
    息子のとこにいて少しでも心が休まってくれればと思います。(左)
    写真は、奇跡的なツーショットだそうです。
    次項有
  • 2018/02/21 16:58
    > えーさんさん
    町内には単身者のアパートもあり
    古い町内で空き家もあり今までは平和の感じでしたが
    疑い出すと怖い街にも見えます。
    このチョビちゃんいまだに私にも体を触らせません。
    我が家の4歳の男の子のテンちゃんが傷をなめて
    綺麗にしてくれています。

    白黒八割れにキジトラの猫ちゃんですね。
    私にはどちらも可愛く思います。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
夢見る夢子(夢は叶う)さん
[一言]
グウタラママ改め夢見る夢子
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み