1,648万kW/1,932万kW (04/13 15:25)
85%
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=286754
2018年03月09日(金) 

ガキの使いに見える”特使”の動き

 

 韓国国民の心根は『恨(ハン)』にあると聞いたことが有るのだがTPOによって使い分けているように見えてならない。

 

・恨 - Wikipedia

https://goo.gl/6gJ83K

”恨(ハン)は、朝鮮文化においての思考様式の一つで、感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念。朝鮮における、文化、思想において全ての根幹となっている。歴史学者古田博司は朝鮮文化における恨を「伝統規範からみて責任を他者に押し付けられない状況のもとで、階層型秩序で下位に置かれた不満の累積とその解消願望」と説明している。”

 

 あれだけ罵り合っていた韓国と北朝鮮だが冬季オリンピックを政治利用して北の良いように扱われて、国際的使いっ走りを喜々として受け入れているように思えてならない。

 

 もし、米朝首脳会談が実現するのならアメリカ本土でやる度胸が有るか確かめるいい機会だと思う。

 

  


閲覧数103 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/03/09 10:31
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市でパソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営し…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み