1,717万kW/2,523万kW (12/10 06:45)
68%
2018年04月15日(日) 

自分の身は自分で守る。住んでいる場所の情報を調べる。

 

 海抜0mでも河川(天井川)の堤防側でも試験の制限の関係で建築確認申請の許可は下りています。自分の身は自分で守る為には、住んでいる場所の情報を知っておくことが必要だと思っています。

 

 我が家は標高13.6m 玄海原子力発電所から74km 熊本地震の震源地の一つ(熊本県上益城郡益城町)から直線距離で約62kmです。

 

 昭和28年西日本水害では床上浸水が起きたエリアです。平成元年竣工の自宅再築時に高床式2階建て(一階に居住スペースと駐車スペースがあるので実質屋根裏部屋付き3階建て)にしました。

 

・揺れやすい地盤 災害大国 迫る危機:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/special/saigai_jiban/

 

・住所から標高チェック

http://mayer.jp.net/test_12/index.php

 

・国内原子力発電所からの距離測定

http://haruto.s334.xrea.com/

 

・震源から住所など2点間の直線距離がわかる距離計算サイト(GoogleMap対応)

http://www.kyori.jp/index.asp

 

  


閲覧数52 カテゴリ日記 投稿日時2018/04/15 17:18
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み