1,657万kW/2,144万kW (09/25 08:25)
77%
2018年04月16日(月) 

人によって違う”山”のイメージを教えてくれたのは3才の孫娘??

 

 自分は耳納連山という東西28kmの屏風のような断層山脈の山裾で生まれ成人しました。現在は山裾から2kmくらい離れたところに住んでいますが、今でも”山”と言えばこの耳納連山です。

 

・筑後川堤防から見た耳納連山パノラマ

https://www.youtube.com/watch?v=J2Okjd5UUdM

 

    

 

 2018/01/04帰省中の長男親子と平成29年7月九州北部豪雨 の山道を通って英彦山神宮へ行く途中の山道で3才の孫娘がまだお山につかないの??、お山はどこに有るの???

 

 3才の孫娘はここはお山じゃないと言い張り困っていたら、長男が気づいたようでフォローしてくれました。3才の孫娘のとってのお山は”富士山”なのだそうです。

 

 自宅から保育園の通園の経路に”富士山”がきれいに見えるポイントが有り、底を通る度に今日はお山がきれいに見えるね!!、今日は雲がかかってお山は見えないね!!などと話しているそうです。

 

 富士山が相手では敵いません。動けるうちに孫娘と一緒に孫娘のお山を見たいと思っています。

 

  
 


閲覧数42 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/04/16 14:32
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み