1,982万kW/2,550万kW (08/16 19:15)
77%
2018年05月16日(水) 

インターネット検定

 

 インターネット検定と言えば NTTコミュニケーションズ のインターネット検定【ドットコムマスター】 が有名ですが9年前に受験した時はそれまで経験してきた国家資格試験とのあまりの違いに戸惑いました。

 

 受験申込がインターネットで予約するというのは経験済みでしたがペーパーでの出題、マークシートでの回答までは知っていました。

 

 指定の試験会場に指定時間に集合して試験監督官が見守るというスタイルは一緒ですが、9年前に受験した検定【ドットコムマスター】 では試験会場はある程度の規模のパソコン教室のようなところが受験会場で紙を一切使わない(当然筆記具も不要)インターネットを介したパソコンのモニター上に問題が表示され回答はマウスでクリックするだけ??

 

 試験終了と同時に合否判定が有り、味気ないものでした。ペーパーレスなのでその問題の持ち帰りも復習も出来ない仕組みです。

 

 2018年現在の状況は久留米市には無かった試験会場が出来ていましたが国道沿いの駐車場なしで試験会場は2階のエレベーターなしで車いす利用では使えない試験会場です。

 

  NTTコミュニケーションズ のインターネット検定【ドットコムマスター】 は2013年に内容が大幅に変わったようで「.com Master BASIC」および「.com Master ADVANCE」に変わっていて「.com Master BASIC」は自宅での女権も出来るようになっています。

 

・インターネット検定【ドットコムマスター】(受検までの流れ) | NTTコミュニケーションズ

https://goo.gl/sHKMAS

 

  


閲覧数49 カテゴリ資格試験 コメント2 投稿日時2018/05/16 14:39
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
ほかの[ 05月16日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み