1,894万kW/2,412万kW (12/10 13:25)
78%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=290129
2018年06月30日(土) 

今日で、今年も半分が過ぎました。

神社では「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われ、京都の人々は「水無月」という菓子を食べます。平安時代から続く習わしです。

なぜこういうことが行われるのか、僕が下手な文章で書くより、的確に書かれたサイトを見ていただいた方がよいでしょう。http://www.kanshundo.co.jp/museum/yogo/minazuki.htm

さて、この水無月という菓子ですが、ういろうのような餅の上に甘く炊いた小豆を載せたもので、三角に切られています。

普段は甘いものを食べない僕ですが、今日は習わしに従って食べました。たまに食べると、苦手な甘い菓子も美味しいと思うから不思議なものです。 (^_^)

 


閲覧数90 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/06/30 22:44
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して17年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み