1,617万kW/1,952万kW (09/24 20:15)
82%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=290411
2018年07月10日(火) 
表向きは非核化へ向う意志を表明しているが内心はどうなんだろう。ミサイル&核爆弾についてのノウハウは技術者や学者の頭脳に残っているしハードウェア―類は秘密裡に隠匿保有している可能性はぬぐい切れない。

国家の性格というものがあるとすれば、北朝鮮という国はかなり歪んでいる。そして信頼や誠意といったものから遠く離れた存在である。結局のところいくら非核化を宣言しても信頼のないところには核もミサイルも存在する。

だからといってCVID(=完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)が無駄なアクションだと言うつもりはない、というより必須な行動だ。だがシステマティックな手段が完璧に実施されても常に疑うことを忘れてはならない。

閲覧数43 カテゴリ北朝鮮情勢 コメント2 投稿日時2018/07/10 20:47
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/07/11 09:26
    zosanさん
    言うことの何%が信用できるのか、見定め蛾難しいですね。。。
    次項有
  • 2018/07/11 11:09
    > zosanさん
    見定め出来ない分監視や迎撃などの対策にお金をかけざるを得ないということになるのでしょう。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み