2,660万kW/3,103万kW (07/20 09:45)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=290490
2018年07月13日(金) 

中国風のお堂がたくさん有ります。
何が何だか良く分かりませんが、それぞれにいろんな人を祀ってあるのでしょう。

 

 

観音様(?)の立像が立っています。ずいぶん大きい像です。

 

 

 

大きな龍の像です。それとも蛇神のナーガ?
中国仏教にナーガが関係有るのかどうか知らないのですが、多分蛇神ではなく龍ではないかと思います。

胴体は池に入れず、まるで池に水を飲みに来たところみたいな像です。

 

 

川べりに有るのも龍? それともナーガ? わかりません。

 

 

座り込んだ象の像です。子供の象ですね。

 

 

このお寺にはびっくりするほどたくさんの動物の像が有るのですが、特にカラフルなネズミがたくさん有ります。
ネズミはこのお寺の主神である象神、ガネーシャの乗り物なのだそうです。
小さなネズミが、大きな像をどのように乗せて運ぶのか想像するのも難しいですが、神話の世界ですから何でもできてしまいます。


等身大くらいのネズミがたくさん立っています。
曜日ごとに当てはまる七つの色、すなわち、日曜なら赤、月曜なら黄色と言うように決まった色に塗られて耳を広げて立っています。
自分の誕生日の色のネズミの左の耳に内緒話で願い事を告げると、実現するのだそうです。
私は水曜日生まれ、緑色のネズミに世界平和と家族の安泰を願いました。

 

 

さて、最後はこのお寺の主神ガネーシャの像です。
寝そべった像の長さは20メートル? それとも30メートルくらいあるでしょうか、とても大きな像です。
手(? 前足?)は4本あります。
願い事はすぐにかなうと言われているそうです。

 

 

 

 

このお寺、 特に遊具が有るわけではありませんが
カラフルな動物像やアニメに登場する人などなどたくさん展示されていてまるで遊園地。

見ているだけで楽しく、願い事がすぐにかなうというとてもありがたいお寺です。
是非一度お参りにいらしてください。。。


閲覧数35 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/07/13 21:44
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/07/13 23:22
    ベッガさん
    こういうの見て、外国人はどんな反応を示すのでしょう。私などは、ただ、圧倒されて、うー、あー、へー、って感じですけど。
    次項有
  • 2018/07/14 11:06
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    さあ・・・、どんな気持ちになるのでしょうね。

    タイはある意味何でもありの世界ですから、案外すんなり受け入れているのではないでしょうか。
    仏でも精霊でも、もっと言えば、菩提樹が、いえ、ただの木が有っても、素直に飾り付け(色のついた布をぶら下げる程度の)お供え物をして手を合わせる国柄ですから、問題なく受け入れているのだと思います。
    たくさんの人がお祈りしている姿には地味なお寺でお参りしているのと同じ心が有るのだと感じ取れるのですが。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
82歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み