1,361万kW/2,165万kW (09/20 23:55)
62%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=291725
2018年08月29日(水) 

私は一人鉄旅の時は駅からできるだけ近い所のホテルを予約するようにしています。

高い所と安い所を避けて中間のきれいそうなホテルを探します。

 

しかし、ロッブリのホテルはなかなか上手くいきません。

駅近くにはホテルはあまり無く、有ってもバストイレ共用の木賃宿しかなくとても泊まる気にはなりません。
素泊まり800円台と言う値段のところが有りますが、いくら何でも泊まれません。

 

 

良いホテルは無いかと探していると、駅から徒歩15分くらいかかりそうな所に新しく出来たようなリゾートホテルが見つかりました。
2014年7月撮影のストリートビューによると建設途上の写真が見られます。
出来立てホヤホヤではないにしても新しいことは間違いありません。

朝食付きで1泊2600円ほどの部屋を予約しました。

 


ホテルに着いてチェックインします。
レセプションは4階建てビルの1階。

 

 

手続きが終わると、建物の外を指して『どうぞ』と案内されます。

玄関から入ってきた人と外に出ると、バイクに乗れと言います。
客を乗用車でなくバイクで部屋まで送るという、さすが田舎ホテルです。

 

私の予約した部屋はビルの中の部屋でなく、バンガローと言うか戸建ての部屋だったのです。

 

 

一戸に一部屋だけ、屋根付きの2台くらい入れそうな駐車スペース、これで朝食付き2600円少々とは・・・、その安さにびっくり。。。

 

 

部屋は20畳くらい有りそうな広さです。

 

 

ベッドは大きなキングサイズ。

バスタオルを仏塔みたいに形作って飾っています。

 

 

部屋からは外の通路がよく見えます。が、外からは見えにくい防眩ガラスです。

 

 

田舎ホテルですからスタッフは垢抜けしていないし、大して愛想も良くないですが、
少なくとも部屋は大いに気に入りました。

何度でも来たいと思うようなホテルですが、・・・残念ながらロッブリに泊まることはおそらくもう無いでしょう。。。

 

 

 

日が落ちて夕食の時間になりました。
駅の近くまで行けば多分食べ物屋さんは有ると思うのですが、来るときに確認するのを忘れました。

そうそう、ホテルの敷地に入ったところにレストランのようなものが有ったことを思い出しました。
町まで行かずにそこで夕食を済ませることにしました。

 

 

ホテル直営と言うより、町の人に場所を貸しているような感じのお店でした。

 

メニューを見ると大変安いです。料理の写真付きメニューを見ながら「おすすめは何?」と聞くと、
開いていたページの一品を指して『アローイ(美味しい)』と言うのでよく見ると、
ご飯、鶏、唐辛子、あんかけという文字が有ったのでまあいいだろうとそれにしました。
50バーツ(170円ちょっと)、安かった。。。

 

 

明日は、昨日バンコクから乗って来たチェンマイ行き特急に乗ってピサヌロークと言う町まで行きます。10時29分発、明日はゆっくりです。


閲覧数114 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/08/29 18:30
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/08/29 21:04
    ベッガさん
    素泊まり800円! 風呂がなければ体を拭くくらいでもいいけど(暑い国ではよくない?)、トイレが共同というのは怯みますね。

    この部屋で2600円ならほんとに安い。一か月居ても7万8千円ですから。夕ご飯が200年足らずというのも、若い学生の旅行者には大助かりでしょう。
    次項有
  • 2018/08/31 10:05
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    安かったです、朝食は品数少なく美味しくなかったですがそれは全然苦になりませんでした。

    また行きたいホテルなんですけどねぇ・・・でも、多分もう行くことはまず無いような所ですけど。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 08月29日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み