1,904万kW/2,387万kW (09/19 09:35)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=292021
2018年09月14日(金) 

わが家の冷蔵庫には2ビンの甘酢漬が入っています。漬けてあるのは新生姜と茗荷です。

 

ビンの中がきれいなピンク色に染まるのは、植物に含まれるアントシアニンという物質が酸と出会うことによって、赤い色素が出てくるということですから、人畜無害の「自然の色」です。

特に茗荷の場合は効果が顕著で、外皮の赤黒い色が消えて優しい色になり、白かった中心部まで染まっています。(1ヶ月ほど漬けておいたもの)

 

こういうものを作っておくと、焼き魚に添えたり、ちらし寿司に入れたり、和えものに使ったりできるので、何かと便利です。また、こうした和風料理だけでなく、ステーキに添えたり、サラダに入れたりしてもいいでしょう。

下の写真は、鱧皮と胡瓜を三杯酢で和えた「ざくざく」という大阪料理で、これに茗荷の甘酢漬を加えてみたものですが、一段と彩りがよくなりました。

 


閲覧数26 カテゴリお父さんの料理 コメント2 投稿日時2018/09/14 07:41
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して16年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み