1,585万kW/1,909万kW (11/17 19:05)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=292051
2018年09月13日(木) 

涼しくて、雨も降らないと、散歩に出かけたくなりますね、曇りの方が写真も綺麗に撮れるし。

あまりカンカン天気だと色が飛んでしまいます。これはブラシの木ですね。

2日前は彼岸花もほとんど咲いてなかったけど、中川の土手も同じでした。この時期見るのは黄秋桜

というのかな?沢山咲いてました。

神社の境内もなにも咲いてはいません。真っ赤な社を背景に銀杏の葉がきれいだったので撮ったくらい。

境内の入り口に生えてるのは、蕎麦の花に似てるかな?地味な花。

あとはシルエットのモミジくらいでした。来週はやっぱり宝蔵院にいってみよう、みーねーさんの

癒しの場所といって紹介されてたので、今度こそいちめんに咲く深紅の彼岸花を撮ってきたいと思います。

あそこには、黄色や白の彼岸花もチラホラ咲いてるんですよね。

 


閲覧数70 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2018/09/13 19:08
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/09/13 20:17
    ベッガさん
    ブラシの木の赤と緑がよく調和していて、着物の付け下げの模様にしたいような天然の妙ですね。(天然っていっても、この場合にはろれちゃんの腕もあるんだけど。)

    赤く塗られた社を背景にした銀杏の緑も素敵。これも着物か帯の模様にしたい。赤紫と緑の対比がこんなに美しいとは、思いがけない発見です。

    この緑も間もなく黄色くなって、また別のコントラストが生じることでしょう。
    次項有
  • 2018/09/14 10:11
    > ベッガさん
    ありがとうございます。
    言われてみれば、着物や帯の模様にも見えますね。
    金色に染まった銀杏の木は華やかですね。その時々の季節の移ろいを
    写真にとどめておくと、何時までも味わえていいものですね。
    次項有
  • 2018/09/14 08:15
    この時期はピーカンより曇っていた方がお散歩日和ですね!
    お彼岸を過ぎればピーカンがいいけど。。。
     
    次項有
  • 2018/09/14 10:15
    > ヘイクロウさん

    そうですね、散歩は夏の終わりは曇りが歓迎ですが、冬になると雲一つない晴天が恋しくなります。

    でも写真を撮るためにはピーカンはアウトなんですよね。
    曇り空か、霧雨でも降ってるといい味が出せます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ろれちゃんさん
[一言]
かちねっとに所属してましたが、休止することになり、こちらへ参加させ…
■この日はどんな日
ほかの[ 09月13日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み