1,542万kW/2,425万kW (12/17 06:15)
63%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=292507
2018年10月01日(月) 

午後8時に和歌山県田辺市へ上陸した台風24号は、速度を30km/hから45km/h→60km/h→80km/hとどんどん上げて、11時には名古屋市、午前0時には岐阜県下呂市を通過して6時には宮城県石巻市に達していました。和歌山から宮城まで10時間で駆け抜けた超特急台風でした。

わが家の辺りで台風らしい強風が吹いたのは、台風の中心にいちばん近かった10時ごろからの40分間ほどで、10時50分にぴたりと止みました。21号のときと比べると時間も短く、強さも半分くらいに感じました。

雨は5時ごろから降り出しましたが、大した雨量ではなく、最も強かった7時〜8時でも10mm台で、11時ごろには止んでいました。(画像中心の+=わが家のある場所)

  

 

目が覚めたのは5時半ごろでしたが、静かで明るい朝でした。

東の窓から日が射してきたので外へ出てみると、玄関ポーチの上には木の葉が落ちているだけで、荒れた状態ではありません。

頭上を見ると、3日ほど前に見つけた蜘蛛の巣が、台風にも耐えて残っていました。たぶん飛ばされているだろうと思っていたのですが、残っていました。蜘蛛の巣というのは強いものなんですねぇ。2匹の蜘蛛も健在でしたよ。 (^_^)

 

10時ごろに団地内にある銀行へ行きましたが、「台風一過の秋晴」を絵に描いたような青空でした。

わが家に限っての話ですが、今回のような台風なら再々来てほしいものです。


閲覧数34 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/10/01 12:04
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して16年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み