1,751万kW/2,425万kW (12/17 07:15)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=292721
2018年10月11日(木) 
学校のすべての教室に、先生・保護者・地域住民・行政・外部ボランティア、そして子どもたちが協働して、ネットワークケーブルを敷設する市民活動「ネットデイ」。
もともとは米国シリコンバレーで生まれたプロジェクトを、日本型に組み替えて全国各地に拡大したのが「はりまスマートスクールプロジェクト」でした。

昨日、兵庫県の某市の教育委員会の先生と打ち合わせする機会があり、最初はやや距離感を感じていたところ、ネットデイのことをお話しすると、ご本人は参加経験はなくても、先輩から「素晴らしい活動だった」と聞いておられ、あっと言う間に打ち解けて議論が深まりました。
あれから来年で20年になりますが、いまでも伝説のように語られていることを知って、とてもとても嬉しく思いました。

いろんなボランティア事業を手がけてきましたが、ネットデイほど「おもろい」プロジェクトはありませんでした。
「つないだのは教室だけど、つながったのはみんなの心♪」
こんな言葉がぴったりだったネットデイ。
いつかこれを越える仕掛けに、参加してみたいものです。

閲覧数123 カテゴリ日記 コメント5 投稿日時2018/10/11 17:10
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み