1,397万kW/2,129万kW (11/15 04:25)
65%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=293538
2018年11月08日(木) 

パダンベサール(タイ)駅に1時間足らず滞在し写真も十分に撮影できました。

先ほど乗ってきた列車がマレーシアに行って戻ってくる列車に乗ってハチャイに戻ります。

 

ハチャイ駅に入る寸前、解体待ちの古い機関車がたくさん構内側線に並んでいます。

とうの昔に廃車になった液圧式ディーゼル機関車です。

その数20台以上はありそうです。

 

 

 

解体途中で止まっている姿もあります。

 

 

 

現役時代の姿です(撮影は2009年6月)。

 


ハチャイ駅に到着です。


マレー鉄道の事務所があり、ETSという電化区間を走る列車の乗車券がここで買えるようです。
看板の路線図にはハチャイからの線路が書かれていますが、ハチャイまで乗り入れているわけではなく、パダンベサールまではタイ国鉄で行くことになります。

 

パダンベサールから先はクアラルンプールを経て Gemas と言う所まで走っているようです。
全区間で2百7~80キロくらいあるようです。

 

 

 

駅を出ます。
線路沿いのスペースに蒸気機関車が2両静態保存されています。

駅舎に近い所に置かれているのは小型の機関車 32号です。

 


少し離れて大型の機関車 244号が置かれています。
こちらは全国各地の駅前に一番たくさん保存されている型式のものよりかなり大きい機関車です。

 

 

 

駅前で昼食をとってホテルに戻ります。

 

 

 

 


閲覧数24 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/11/08 12:24
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
83歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月08日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み