1,437万kW/2,122万kW (11/21 23:55)
67%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=293569
2018年11月08日(木) 
AIが作る小説は文法に誤りはないが。

展開や風情などが無いか不自然ということらしい。

まあ超合理的な処理をするAIが一番苦手なのは矛盾であり不合理だと思う。

その典型は「人間の存在」であり「人間の心情」だといえる。

人間の行動と心情は矛盾であり非合理であることはシバシバある。

AIにこれを分析させようとすると「理解不能」ということになると思う。

AIが人間の心情に訴える芸術を作り出すには、まだ道は遠いと思われる。



AI絵画 4800万円 米で落札 肖像画1.5万枚「学習」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201810…00127.html

閲覧数33 カテゴリ教育、哲学よもやま話 コメント2 投稿日時2018/11/08 22:20
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/11/09 11:09
    AIは人間でいうと左脳しか持たないのでしょうね。でもAIが描いた絵が4800万円とは、驚きです。
    次項有
  • 2018/11/09 12:32
    鉛筆aoitoriさん
    > ろれちゃんさん
    なるほど。左脳だけかもしれないんですねえ。

    今回の4800万円落札は、史上はじめてAIが描いた絵、という希少価値に付けられた価格と思われる、とニュースで言ってましたね。

    普通にこの絵を見ると、価値がないように思えますけどね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
aoitoriさん
[一言]
心がなごむ、心が通う 輪を! 千客万来、友達歓迎!
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み