1,498万kW/1,755万kW (06/19 12:35)
85%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=293761
2009年05月13日(水) 


抗ガン剤で殺される!

 

地球環境問題・医療問題評論家

 船瀬 俊介 氏

ワールドフォーラム2006年3月講演

「抗ガン剤で殺される!」-抗ガン剤の闇を撃つ-


「ガン治療に於いて治療と称して

多用されている抗ガン剤を初めとする毒物が、

結果的に患者を殺している。

(中略)

抗ガン剤はマスタードガスと同じものなのです。

第一次世界大戦でドイツが使い、

イラン・イラク戦争でイラクが使った。

https://www.youtube.com/watch?v=40f7sKHgMkg&t=2222s

 

 

以下、一部書き起こし

 

厚生省の役人に聞きました、

『 抗ガン剤はガンを治せるんですか?』

『お答えします。

抗ガン剤がガンを治せないのは常識です』

(中略)

慶応大学のガン治療の専門家、

近藤誠先生に聞きました。

『抗ガン剤というのは猛烈な毒物なんですよ』

(中略)

また、厚生省の役人に聞きに行きました、

『抗ガン剤というのは猛毒だそうですね?』

『その通りです』

『ガン患者に猛毒を与えたら

死ぬんじゃないですか?』

『ええ、よく死にます』

『それ毒殺じゃないの?』

『ええ、そういう言い方も出来ますね』

 (中略)

糜爛(びらん)ガス、マスタードガスが、

そのまま抗ガン剤になっている。

(中略)

毒を打たれりゃ、ガンだって死にますよ。

本人も死にますけど。

(中略)

1985年、アメリカNCI、

国立ガンセンターのデビュタ所長が

議会で証言をしています。

『抗ガン剤はまったく無力である。

我々は深い絶望感に囚われている。

抗ガン剤自体が猛烈な発ガン物質であるため、

他の所に新たにガンを生じている』

彼らはこれを「転移」と呼んでいる。

(中略)

放射線もDNAを破壊します。

発ガン性があります。

放射線を使うことで

NK(ナチュラルキラー)細胞が殲滅されます。

ガン患者の80%は抗ガン剤で毒殺されているか、

放射線で被爆死しています。

(中略)

ガンの専門医は自分がガンになったら

絶対に抗ガン剤を使いません。

『抗ガン剤、打たないでくれ』

と、泣いて頼む。

『先生、アンタも抗ガン剤、打って、

何百人も、何千人も殺してきたじゃないですか。

この際アンタも打ちましょうや』

『ヤメテクレ、ヤメテクレ』

『なんで打たないの?』

『イヤ、効くわけないんだから、あんなもの・・・

苦しいだけなんだから・・・

オレはそれを何百人も見てきたんだから・・・

頼むからヤメテクレ!』

『放射線は?』

『放射線もヤメテクレ!

アンナもの効くわけないんだから・・・

もっとヒドイんだから』

(中略)

副作用は毒殺の過程である。

副作用は書ききれない。

(中略)

ヒポクラテスは言っている。

『人間は体の中に百人の名医を持っている。

その百人の名医が病を治す。

医者はその手伝いでしかない』

これを自然治癒力と云う。

(中略)

アメリカではガン患者が激減している。

代替医療、食餌療法にシフトしている。

(中略)

「早期発見、早期治療」じゃなくて、

私に言わせりゃ「早期発見、早期殺害」

(中略)

アメリカ、カナダでは代替医療、

食餌療法が広く行われるようになって、

ガンが減っている。

日本だけですよ、

ガンが増え続けているのは。

(中略)

ガン治療に伴って稼いでいる人々がいる。

15兆円規模の市場がある。

私はこれをガンマフィアと呼んでいる。

(後略)

 





船瀬 俊介氏

ワールド・フォーラム2006年3月例会


「抗ガン剤で殺される!」-抗ガン剤の闇を撃つ-


 講演DVDはこちらから。

http://eizofukyu.com/


ホームページ

http://funase.jp-j.com/





船瀬 俊介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E7%80%AC%E4%…A%E4%BB%8B


買ってはいけない
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%…A%E3%81%84


自律神経免疫療法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%…2%E6%B3%95


医学博士 安保徹 オフィシャルサイト
http://www.abo-toru.com/


「患者よ、がんと闘うな」(がんもどき理論) 近藤誠
 
 患者よ、がんと闘うな  /近藤誠/著 [本]


第13回〔1996(平成8)年〕

流行語大賞
「ガンと闘うな(がんもどき理論)」

受賞者:近藤誠(慶應義塾大学医学部講師)

医学界のみならず一般社会にも大きな衝撃を与えた、

近藤の“新理論”「がんもどき理論」。

癌には、転移しない癌“もどき”もあり、

何が何でも手術や苛酷な治療をする必要はない

との理論である。

つまりは「ガンと闘うな」との主張で、

医学界の常識を根底から否定するものであった。

残念なことに医学界からの本格的な反論は無く、

論争とはならなかった。


自身の免疫力、自己治癒力を痛めつける

近代西洋医学では闘うな、の意。

免疫力、自己治癒力を高める

漢方医学、伝統医学、代替療法、食餌療法、

気功や太極拳で戦いましょう。 

キット、反論出来なかったンだな・・・

事実が、真実が顕(アキラカ)になることを恐れて。

 (D.E.のツブヤキ)


 抗がん剤
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E3%82%AC%E3%…3%E5%89%A4

がん抑制遺伝子

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%8C%E6%8A%91%E5%…D%E5%AD%90

がん遺伝子

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8C%E3%82%93%E9%…D%E5%AD%90

マスタードガス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%…C%E3%82%B9


 
 

IUPAC名

Bis (2-chloroethyl) sulfide

別名

サルファマスタード
イペリット

分子式

C4H8Cl2S

分子量

159 g/mol

形状

無色液体

CAS登録番号

[505-60-2]
[39472-40-7]
[68157-62-0]

性質

密度

1.27 g/cm3, 液体

融点

14.4 ℃

沸点

 

 

 

 

 

 

 

 

217 ℃

 

 

 

 

 

 

 

                             

マスタードガス 


 

マップは癌研有明病院 

 


閲覧数397 カテゴリ「癌は親の仇で御座る。一族の仇で御座る」 コメント1 投稿日時2009/05/13 11:12
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み