1,725万kW/2,412万kW (12/10 22:05)
71%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=294014
2018年11月20日(火) 

今日は高雄市内の或る一角をちょっと歩いてきました。

 

目的地は鉄道開通時の高雄駅、と言うか駅名は打狗(ダーコゥ)駅。

その後線路が南の方に延伸されると、手前で線路が曲がり違う所に高雄駅ができ、この駅は高雄港となりました(同時かどうかは不明)。

その名の通り、終点の線路の先は港です。

 

更に貨物駅としての機能が必要なくなると廃止駅になってしまったのですが、一応博物館と言うことになって残っているのです。博物館と言うには、あまりにも小さくお粗末な博物館です。

 

建物の中には、ちょっとした鉄道用品といろいろな資料が残されファイル上に綴じられ棚に並んで展示されているのですがこれらは鉄道関係者でないと見ても分からないし面白くも無いので誰も見ようとはしないようです。

ホームに並んだ線路には2両の蒸気機関車、ディーゼル機関車、貨車などが展示されていました。

 

 

この博物館、と言うか古い駅がどうなっているのか見るために行くことにしたのです。

ホテルの前の高雄駅からMRT(捷運:ジェユン)で一駅、乗り換えて3駅目といたって近い所です。

 

3駅目まで行けば、駅を出た目の前に有るのですが、今日は一駅手前で降り街をぶらぶらしてから行くことにしました。

木製の桶を作って売っているお店や籐細工の家具などを作るお店を見てみたかったからなのです。

これらのお店を見て、ちょっと先に向かって歩くと大変なものを見つけました。

 

正面の山に上に金キラに光る大きな仏塔が有るではありませんか。

この仏塔を見たいのですがかなり山を登らなければなりません。とにかく少しでも近くに行ってみようと進んで行くとすぐに<登山口>と彫られた大きな石が据えられています。

 

登ろうかどうしようかとちょっと考えましたが思い切って登ってみることにしました。

 

坂道ではなく階段が続いています。

しかも一段の段差がちょっと高めです、せめて途中まででも、と登り始めましたが思った以上に大変でした。途中で腰掛けられそうなところが有るたびに休憩です。

 

結局途中まででは終わらず仏塔の所まで登ってしまいました。

が、そこに有ったのは仏塔のみ、本堂などは見えません。

本堂などはもっと上にあるようです。

 

結局仏塔を見ただけで戻ることにしました。

 

 

 

街に戻り目的の旧駅に向かいます。

どうせここまで来たのなら大きなレイアウトの有る建物まで行ってこようと思い、行ってみると何と休館日、入れません。

 

仕方ないので旧駅の方に向かって歩いていくと・・・、おや、電車が走っているのが見えます。新しく建設途上の環状の路面電車です。

 

以前にちょっと離れたところで撮影したことが有るのですが、その路線がここまで伸びてきたのです。旧駅のホームに並んだところが現在の終点でした。

これからさらに伸びて、さっき登った仏塔の下を通り最終的には環状線になります。

 

思っていなかった電車を撮影することが出来ました。

 

そのあと、またMRTに乗って高雄駅に到達、ホテルに帰着しました。

 

明日は台鉄で東海岸の方に向かいます。途中2か所で列車を乗り継ぎ台東経由で花蓮に移動します。明日はあまり好きでない乗り鉄デーです。

最後に乗る台東から花蓮までの列車はこの間脱線転覆した普悠瑪(プユーマ)号です。

 


閲覧数92 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2018/11/20 20:55
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/11/21 11:18
    おバカさん
    鉄道は余り関心がないのですが、山登りは興味深々です。
    山の上に仏塔があったのですね?
    本堂まで何とか?でも、ご無理は禁物ですからネ!
     
    日本も高野山や比叡山、私の故郷では羽黒山や立石寺(山寺)
    など、山岳信仰と仏教は何処の国でも一緒なんだと、思いました。

    最後の特急はもう安心でしょう。 お気をつけてください。
    次項有
  • 2018/11/21 18:37
    鉛筆zosanさん
    > ジーメンさん
    ありがとうございます。
    若いとき、神戸にいたので六甲山に何回も登りました。
    山登り・・・と言うか山歩きは結構好きな方なのですが、この年になるとやはり足がずいぶん弱っていて、きつい山道はとても難しいです。
    平坦なところはかなり歩けるのですが、さすがに山登りはきついです。
    普段でも階段の登りはまだかなり行ける方とは思っていますが、下り、特に段差の大きい階段は怖いです。もし転んだら下まで転がり落ちるかもしれないと思うと、恐怖心が沸いてきます。

    でも、今年6月に立石寺には登ってきましたよ。
    てっぺんの<念仏堂(でしたっけ)と大仏堂>まで千何段かの階段上って降りて来ましたよ。


    今日の最後の特急、無事走りました、大事故の後なので却って安心かと。。。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 11月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み