1,308万kW/2,312万kW (08/13 05:45)
56%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=294500
2009年12月20日(日) 

 



37歳でステージ4、手術出来ません、

平均余命1ヶ年、 

という胃癌に罹った従兄弟が書いた本です。

幸い生還しましたが、手術の後遺症に苦しんでいます。
凄まじいばかりの勉強もしたようです。
命懸けの勉強です。
そりゃ、身に付きますよ。

上工治未病、中工治已病

「予防に優る治療なし

養生は予防に優る」
 正気内存、邪不可干(冒)」

ISBN978-4-8341-0329-8

東本願寺

出版物案内/寺報
250円(税別)

 




人生に何一つ無駄はない
-末期ガンから見えてきた世界

 

著者篠崎一朗(蓮光寺門徒)
出版真宗大谷派宗務所出版部(東本願寺出版部)
定価250円(税別)

人間とは悲しくて寂しいものです。生きる悲しみと向き合って生きる人が多くなると、絶対に命の場のエネルギーが上がります。私たち医療者でも生きる悲しみが全く分かっていない医者がいるのです。生を謳歌しているだけ。こういう医療者が多いと、命の場のエネルギーが上がってこないのです。「明るく前向き」ということに溺れることなく、やはり人生は悲しい、生きることは悲しいということを時には思い出しながらやっていくことが大事だと思うのです。

それから、私たちの未来にあることで確かなことは、死ぬことだけです。だから「死」に目を向けることです。それによって希望や生き甲斐が生きてくるのです。死からこちらを見てくると、生がよく見えてくるのです。死から目を背けないことがとても大事になってくるわけです。ですから、私たちが生きるということは、実は病気であろうとなかろうと、こういうことなのだといつも感じています。

これは、人間まるごとを見るホリスティック医学に取り組んでおられる帯津三敬病院名誉院長の帯津良一先生の言葉です。ホリスティック医学は人間まるごとですから、病だけではなくて、生老病死を全部扱うわけです。医療と仏教というまるで分野がちがうようでも、根底においては、仏教が問うてきた問題と大いに関係があることを教えられました。

さて、篠崎一朗さんは、37歳で癌に侵され、余命1年弱の宣告を受けました。その闘病生活中に出遇ったのが帯津良一先生でした。篠崎さんはお母様を癌で亡くされるという悲しみを通して、親鸞聖人の教えにふれられた経験を持っています。しかし、その後は多忙なサラリーマン生活のなかで、ある意味まったく親鸞聖人から遠ざかっていました。ところが、ご自分が末期癌だと宣告されるなかで、帯津先生との出遇いによって、「病いのままでも自分らしく生きていきたい」という気持ちが高まり、自分自身の問題として、改めて親鸞聖人の教えにふれることになったのです。それは、篠崎さんがたまたま蓮光寺の門徒であったことに起因していますが、それがどこで開花するかわかりません。そのきっかけを作ってくださったのが帯津先生だったのです。

篠崎さんはなぜ奇跡の回復を果たしたのでしょうか? 少なくとも親鸞聖人の教えが病気を治したわけではありません。しかし、親鸞聖人の教えに出遇わなかったならば癌という病いを克服できなかったことも事実でしょう。闘病生活では試行錯誤の連続でありましたが、命をとりとめた後も再発の不安が抜け切れない中で、ついに親鸞聖人の教えによって「罪悪深重の凡夫」であったことを深く自覚され、等身大の自分を受け入れられるようになったのです。生老病死は命の厳粛な事実です。そのなかでどんな状況であろうとも自分が自分として生きていける道があるという、これ以上力強い教えはありません。「本願力にあいぬれば、むなしくすぐる人ぞなき」ということを篠崎さんは証明してくださったのです。

篠崎さんは、すでに癌闘病記を自費出版されています。そして、その本を読まれた真宗の教えと無縁であった人たちも、『歎異抄』を通して親鸞聖人の教えに深い関心を持たれたのです。親鸞聖人の教えが現代に待望されている証ではないでしょうか。

自費出版の反響の中から、もっと親鸞聖人について語って欲しいという要望があり、東本願寺出版部の伝道ブックスとして、『人生に何一つ無駄はない — 末期癌から見えてきた世界』を刊行する運びとなりました。癌で苦しむ方々はもちろんのこと、様々な苦しみを持たれている方々が、親鸞聖人の教えに出遇い、生きる意欲を快復していただければ無上の喜びです。


本書「巻頭の言葉」(蓮光寺住職)より

 
 
マップは 蓮光寺

閲覧数313 カテゴリ「癌は親の仇で御座る。一族の仇で御座る」 コメント1 投稿日時2009/12/20 17:47
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2022/06/17 19:40
    一朗は2022年6月10日、永眠しました。
    享年63歳。
    6歳も年下の従兄弟に先立たれると堪えます。
    帯津良一先生も15日の通夜にお越しくださいました。
    先生は
    『人生に何一つ無駄はない―末期ガンから見えてきた世界』
    (東本願寺伝道ブックス)
    にもあとがきをお寄せくださいました。


    本多雅人(東京都 蓮光寺、親鸞仏教センター嘱託研究員)
    “今、いのちがあなたを生きている” 3回目 [2005.8.]

    https://jodo-shinshu.info/category/radio/detail03_03.html

    音声を聞く
    https://jodo-shinshu.info/category/radio/mp3/honnda_03.mp3
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
ほかの[ 12月20日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み