1,863万kW/2,045万kW (09/23 11:55)
91%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=294507
2010年01月11日(月) 

アサーティブネスのすすめ

          ―積極的自己主張 前向きに生きようよ女性たち」

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC…4806802964

アン・ディクソン (著), 山本 光子 (翻訳)




登録情報
単行本: 254ページ
出版社: 柘植書房新社 (1991/08)
ISBN-10: 4806802964
ISBN-13: 978-4806802969
発売日: 1991/08





それでも話し始めよう      アサーティブネスに学ぶ対等なコミュニケーション」
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7…4906681247

アン・ディクソン (著), アサーティブジャパン (翻訳)
http://www.miraikan.go.jp/release/122img/photo_01.jpg


http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/490668124…mp;s=books

出版社/著者からの内容紹介
自分も相手も尊重する、誠実、率直で、対等なコミュニケーションとして、今注目のアサーティブネス。その理論と手法をアサーティブトレーナーとして長年にわたり活動してきた著者が、豊富な実践例を通して解説する。

(カバーの折り返し)
なにがあなたを黙らせるのですか。
アサーティブネスの世界的トレーナーが豊富な実践例を通してあなたに贈る、「信頼の対人関係を築く対話のレッスン」


登録情報
単行本: 320ページ
出版社: クレイン (2006/2/3)
ISBN-10: 4906681247
ISBN-13: 978-4906681242
発売日: 2006/2/3
商品の寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm


目次

日本語版へのメッセージ
はじめに
パート1
第一章 勝つか負けるか
第二章 今までの力の定義
第三章 タテ関係の力をあたらしい視点で見る
第四章 個人の内側にある力
第五章 攻撃の習慣を絶つ
第六章 あたらしいアプローチ
第七章 タテ関係の力と内側の力の調和
パート2
第八章 話し合うための状況を設定しよう
第九章 感情を率直に言葉にしよう
第十章 誰かのせいにするのをやめよう
第十一章 事前に十分な時間を用意しておこう
第十二章 職場での上下関係をうまく扱う
第十三章 相手を敵として見ることをやめよう
第十四章 対等であることを自覚しよう
第十五章 声を上げる勇気を持とう
第十六章 愛にも限界がある
第十七章 タブーの話題を話す
第十八章 小さなステップから始めよう
第十九章 見えない差別に対応する
第二十章 拒絶すること、されること
第二十一章 内側の力を習慣づける
パート3
第二十二章 日々選択する
第二十三章 感謝の気持ちを伝えよう
おわりに
監修者あとがき 





第四の生き方―「自分」を生かすアサーティブネス

原題;"A Woman in Your Own Right"
http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E3%81%AE…pd_sim_b_1

アン・ディクソン (著), Anne Dickson (原著),

竹沢 昌子 (翻訳), 小野 あかね (翻訳)


本書は「アサーティブネスのすすめ ―積極的自己主張 前向きに生きようよ女性たち」の全面改訂版です。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/480680412…mp;s=books

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、理論書であるとともに実践書でもある。
著者がとりわけ女性たちに向けてエールを送っているのは、あなたが誇りと自己信頼を取り戻し、希望をもって人と社会に関わっていくことが何より大切だと考えているからだ。
まず、あなたが変わろうと決意すること。
それが変化の第一歩である。
あなたがあなたの人生を生きるために、この本はたくさんの具体的な方法と指針、そして実践的な練習の場を与えてくれるだろう。



人間関係を困難にしてしまう三つの行動パターンを代表する人物

■アグレスは・・・

攻撃的なタイプ。強い印象を与えるが、実は自分に自信が無い。どんなことも勝ち負けで考えてしまうので、いつも相手と張り合って、他人の意見を尊重する余裕が無い。

■ドロシーは・・・

受身的なタイプ。いつも自分を卑下して、物事を自分で決められず、どんなことも誰かに頼ってしまう。消極的で、やる前にあきらめてしまったり、泣き言を繰り返す。

■アイビーは・・・

作為的なタイプ。本心は表に出さず、トゲのあある言い方や回りくどいやり方で人を責める。正面から人と向き合えないため、人を操ることで自分の望む状況にもっていこうとする。

これらは私たちが陥りやすい行動パターンではあるが、一つのパターンがそっくり当てはまる人はいない。状況や相手によって、これらの行動パターンの間を揺れ動くのだ。

■セルマは・・・

自分のことも、他の人の事も尊重する。自分の長所も短所も受け入れるので、他の人の事も受け入れる事が出来る。相手を見下してホッとする事も無ければ、自分の身に起こった事を他人のせいにする事も無い。自分の責任で行動し、選択して生きているのだ。

このセルマのような態度を〈アサ-ティブネス〉と言う。




第1章 言いたいことが言えるとき、言えないとき
第2章 アサーティブな女性とは
第3章 やってみよう
第4章 アサーティブなコミュニケーションの方法
第5章 アサーティブな生き方の基本
第6章 からだが伝えるメッセージ
第7章 「ノー」と言うこと
第8章 思いやりの落とし穴
第9章 感情を表現する
第10章 怒り
第11章 批判の対処法
第12章 言いにくい事を言う---批判する、褒める・褒められる
第13章 仕事とお金
第14章 自分の体は誰のもの?
第15章 セクシュアリティ
第16章 本当の自分

第17章 内なる強さ

第18章 アサ-ティブな生き方

第19章 批判に答えて

 

 

内容(「MARC」データベースより)
人間関係を困難にしてしまう三つの行動パターンを人物に例えて示し、自己信頼を取り戻すために必要な、自分の要求をきちんと表現する「アサーティブネス」の考え方を具体的に説明する。


登録情報
単行本: 284ページ
出版社: つげ書房新社 (1998/10)
ISBN-10: 4806804126
ISBN-13: 978-4806804123
発売日: 1998/10
商品の寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm 



侃々諤々
颯爽たるかな女性
もっと言葉に出そう自分の気持ち

MANAGING ASSERTIVELY
こじれない人間関係のおけいこ

こじれない人間関係のレッスン

比較地獄

悩み解決 Assertiveness

アサーティブネス・スキル講座
講座
ユイ企画1

ユイ企画2

ドッカン・オロロ・ネッチー   言い得て妙
受身的・攻撃的・アサ-ティブ ⇐ もう一つ欺瞞的・作為的というのが在るんだがなァ~~~



 

アサーティブネス: Wikipedia

Assertiveness:Wikipedia in English





ちょっと違うけれど・・・
異文化コミュニケーション・ワークブック

http://blog.cafeglobe.com/archives/aloha/images/al0…024_01.jpg


閲覧数157 カテゴリ葛飾寅さんファシリテーターズクラブ コメント1 投稿日時2010/01/11 17:02
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2020/10/22 16:17
    私がこの言葉を初めて聞いたのは、カウンセラーの先生からです。

    彼女の話では、多民族国家になりつつあるイギリスやフランスでは小学校の頃から学ぶそうです。

    「日本の小学校でも導入しなけりゃいけないのよねぇ~」

    なんて仰ってました。

    カウンセラーの先生といのは
    大塚太極拳クラブの会員です。

    全国のカウンセラーの名簿が有って
    「高等女学校卒は、私ともう一人だけになっちゃったわねぇ~」
    「もう病人のカウンセリングなんかしたくないのよ。
    デベロップカウンセリングがしたいの。
    マイナスをプラスマイナスゼロにするんじゃなくて
    プラスマイナスゼロをプラスに持ってくような」

    カウンセラーの育成にも力を入れていて
    「でも「小学生(新米、初心者)」じゃなくて「大学生(上級、高度)」を教えたいの」

    カウンセラーの先生方から久保先生と呼ばれていました。
    その久保先生 から「松本先生」と呼ばれ
    私は 「久保さん」と呼んでいました。

    十二年前「今年9月で八十よぉ~~~」なんて言ってました。
    お元気ならば、今、九十二歳。
    どうしてるかなぁ~

    近頃、しきりに思い出されるんですよねぇ~~~
    コロナ鬱かなぁ~
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み