1,712万kW/2,163万kW (01/24 16:40)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=294510
2018年11月29日(木) 

黄葉時期に大きな個体差のある銀杏を見たあと、更に北へ向かって歩いていると、吊るし柿を干しているお宅がありました。わが家のある新市街地では見られない、古い町ならではの光景です。

 

東高野街道に出る手前に、長屋門を持った立派なお屋敷がありました。これも古い町でしか見られない光景です。

建物はよく手入れされていて、前には小さな石庭が造ってありました。

 

東高野街道に出て北へしばらく歩くと、大きなお寺の前を通ります。善法律寺という寺の名前から「律宗」のお寺かな?と思ったら、やはり『唐招提寺の末寺』と立札に書いてありました。道理で立派なお寺です。

門前も境内も紅葉が真っ盛りでした。(逆光で上手く撮れなかったのが残念です。)

 

善法律寺から北へ10分ほど歩くと岩清水八幡宮の下に着きます。ここには八幡宮の摂社「高良神社」があり、そこに植わっている2株の大銀杏を見るのが、この日の最大の目的でした。

境内に入ってみると、果たして見事に黄葉していました。

銀杏は、実が生るよう雌雄2株の木を植えることが多く、ここの木も夫婦で、手前の雌株で奥が雄株でした。

 

ここへ着いたのは1時半ごろでしたが、高良神社は既に山の陰に入っていて、写真を撮る環境ではなくなっていました。やはり午前中に来ないとダメですね。


閲覧数77 カテゴリ花と木のブログ コメント2 投稿日時2018/11/29 10:12
公開範囲外部公開
■プロフィール
jamjamさん
[一言]
定年退職して18年、しかし40年やってきた土木屋魂は未だに消えませ…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み