1,917万kW/2,499万kW (12/19 20:35)
76%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=295022
2018年12月05日(水) 

 

その種がまたどこかで芽を

 

私たちは今、こんな『夢』を見ています。
君たちが大人になって、向島ではない土地に行って、自分の子どもの頃の話をすることになった、とします。君たちは、きっと言います。
「僕ね、子どもの頃、墨田区の向島という所にいたんだ。そこではね、五月の連休に、町の公園で、みんなして『サクランボ狩り』をするんだョ。
これを聞いて、そこの土地の人ちは、きっと、こう言います。
「うそぉ、東京でサクランボなんて実る訳ないョ」
でも嘘ではありませんよね。
いいんです、誰も信じてくれなくても…。君たちが大好きな、この向島の「さくらんぼ遊園」には、その時も、きっと柵が実っているはずです。たぶん、今よりもっと大きな木になって、もっともっとたくさん実をつけて!
そして誰にもこの話を信じてもらえないその時、君たちは初めて分かります。
「わぁ、向島にサクランボが実るって、本当は当たり前のことじゃなかったんだ! 僕たちのために『夢』を育ててくれた小父さん小母さんがいたんだ。あぁ、それって、とってもすごいことだったんだ。僕はあの頃、なんていい町に住んでいたんだろう」
あなたが、その土地にずっと住む場合でも、ほんの数年間、いえ数か月住むだけだとしでも、あなたは、きっとこう考えます。
「昔、僕たちのために『夢』を育ててくれた小父さん小母さんがいたように、僕も、この土地の子どもたちのために何かできないだろうか。子どもたちに、何か大きな『夢』をプレゼントできるはずだ」……この‘優しい心’が私たちの「夢」です。
私たちのやってきたことは、向島でだけ出来ることではありません。下町でなくたって出来ることです。難しいことではありません。歯を食いしばらなくては出来ないことでもありません。子どもたちの『夢』を育てるということは、大昔から、世界中の人がやってきたことです。「子どもたちの心の中に、楽しい夢を育てていく」。それは、人間であるなら、今も昔も、日本でも外国でも、すべての大人たちがやってきたことです。君たちも、やがてそういう大人になるのです。そんな大人が増えたら、世界中の子供たちは、いや、大人たちだって、もっともっと幸せになれるはずです。
君たちが飛ばした「サクランボ」の種が、たまたま落ちた新しい土に、しっかりと根を張り、また若々しい芽を出し、新しい実を結ぶように、君たちが私たちの『夢』を引き継ぐのです。
それこそが、私たちの植えたあのナポレオンが実らせる『本当の実』なのです。

 


 

最初、さくらんぼ児童遊園が出来た時、

この公園にサクランボが実る木はありませんでした。

「サクランボの木はどこにあるの?」

という子どもの問いに

「ゴメンねぇ、この公園には無いんだよぉ~」
と返事しながら阿部さんは

『よぉ~~~し、植えてやろう』と思ったそうです。

後日、墨田区に掛け合って植えてもらいました。

 

Welcome to Mukohjima 向島へようこそ

 

マップは さくらんぼ児童遊園

向島五丁目38番7号


閲覧数73 カテゴリ街作り、コミュニティの再生・創造、再開発 コメント2 投稿日時2018/12/05 13:22
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2018/12/05 18:24
    zosanさん
    こういう話・・・、日本中に広がって、サクランボでもミカンでもいいから実をつけてほしいです。
    次項有
  • 2018/12/05 18:31
    > zosanさん

    お知り合いに伝えてください。

    「心の変革を成し遂げた個人が あちこちに生まれ、 互いに知り合うことがなくとも 目に見えない連帯となって拡がり、 やがて世の中全体を変革してゆく」

    アクエリアン革命―′80年代を変革する「透明の知性」 マリリン・ファーガソン

    https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=294659
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
ほかの[ 12月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み