1,890万kW/2,499万kW (12/19 20:55)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=295026
2018年12月05日(水) 
スマホの充電器が壊れた。三年前に買って封を開けたときから腑に落ちない構造だと注意して使ってきたがやはり心配した通りに壊れてしまった。


写真は壊れたものを撮影したのだが、腑に落ちないというのは元々プラグの歯二本がそれぞれバラバラのブラブラでテーブルタップに差し込んでもすぐに抜けてしまうことだ。

ご多聞に違わずMADE IN CHINAが表記されメーカー名とおぼしきはJET OHMとなっていてあのオーム社の関連会社のようにもとれデザインに日本人が絡んでいると思われる。

断ずるに完全な設計不良だ。そもそも何のために歯部分を一体化してないのか、構造上最も弱い歯の根元の片側に使用中のタップとプラグの接続捻じれによる応力が集中してかかってくる。

「十年もつ」と当時表示していたかどうか記憶にないが、本日代わりの充電器を買いに行ったところそんな惹句も散見された。高額なスマホ本体価格の陰で必需品がいい加減でよいのか。

バッグに収納しやすさから歯が折りたためるようにしたのだろうが、充電器まで持ち歩かないカブキには無用の配慮であってガッチリ一体型があっても良いと思うのだが。

閲覧数30 カテゴリ日の丸産業よ頑張れ コメント0 投稿日時2018/12/05 18:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タンゴカブキ(Tango Kabuki)さん
[一言]
タンゴを原詩(ブエノスアイレス語)で歌う方は是非連絡ください 「た…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み