1,307万kW/2,066万kW (10/16 06:25)
63%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=295606
2011年11月18日(金) 

病気が治る免疫相談室

 

病気が治る 免疫相談室
 
病気が治る免疫相談室

 
安保 徹 著 
ISBN
978-4-7973-4712-8
サイズ
四六/1色
ページ数
296
価格
1470円 (税込)
出版日
2011/01/26
 
発症のメカニズムがわかれば、病気は治る!


安保徹教授は研究の合間に毎日、全国の患者さんから、手紙や電話、FAXで相談を受けています。 実際に患者さんから届いた「健康相談」の内容をQ&A形式でまとめ、病気の治し方、健康な体を手にする生き方を提示します。 

高血圧、糖尿病、緑内障から、うつ、アトピー、リウマチ、がんまで。 
手紙や電話で患者さんから寄せられた質問に、世界的免疫学者が初めて答えます。

身体に不安を感じたら、いつでもこの本を開いてください。 
あなたの免疫力は高まり、健やかな生活は必ず手に入ります。


【主要目次】

■第一章 病気の不安にこたえる 
 ●相談 病気の不安 
  回答 病気で不安になったり、気が滅入ったときの解決法は、病気の成り立ちを知ることです。 
 ●相談 病気の不安 
  回答 夜更かしや楽をし過ぎる生き方のせいで病気になっている可能性があります。

■第二章 症状と治療の不安に答える 
 ●相談 症状への不安 
 ●相談 痛みがつらい 
 ●相談 発熱・炎症 
 ●相談 かゆみ 
 ●相談 薬の悩み 
 ●相談 治療の迷い 
 ●相談 治療の選択 
 ●相談 代替療法 
 ●相談 医師からのつらい一言 
 ●相談 死の恐怖

■第三章 病気相談 
 ●相談 不眠症 不眠症になり、抗不安薬をどうしてもやめられません
 ●相談 偏頭痛 偏頭痛に悩んでいます。薬をやめたい
 ●相談 ドライアイ 目の充血を治す方法はありますか?
 ●相談 緑内障 薬を使わずに自力で眼圧を下げたい。今後の緑内障が心配 
 ●相談 パニック障害 5年前からのパニック障害を克服したい
 ●相談 うつ 過労と経済不安からうつに。今後の生活が不安です。
 ●相談 メタボリック症候群 メタボと判定されダイエットを試みましたが、挫折の連続です。
 ●相談 高血圧 一生降圧剤を飲むかと思うと、落ち込んでしまいます。
 ●相談 糖尿病 血糖値が安定せず不安な日々を過ごしています。
 ●相談 脂肪肝 中性脂肪は低いのに脂肪肝。健康的な食事をしているのになぜ?
 ●相談 胃潰瘍 胃潰瘍の再発予防にピロリ菌の除菌を勧められています
 ●相談 便秘 便秘薬が効かなくなった! 
 ●相談 過敏性腸症候群 高校受験をひかえ、下痢と便秘を繰り返す息子が心配です。
 ●相談 チック症 子どもがチックで心配です。
 ●相談 ぜんそく ぜんそくの発作が不安でたまりません。
 ●相談 電磁波過敏症 めまいや耳鳴りが止まりません。
 ●相談 アトピー性皮膚炎 10年使ったステロイドをやめたものの、リバウンドがつらくて挫折しそうです。

■第四章 病気を治す養生法 
 健康を取り戻す6つのポイント 
 薬は徐々に減らし、やめていく 
 食事で免疫力を高める 
 体操で体をほぐす 
 入浴は最高の健康法

 

■著者紹介:安保徹(あぼ とおる)
1947年青森県生まれ。医学博士。新潟大学大学院医歯学総合研究科教授。東北大学医学部卒業後、青森県立中央病院を経て、東北大学歯学部微生物学助手に就任。
1979年、アメリカ・アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体」を作成。また、1989年には胸腺外分化T細胞を発見。さらに1996年には白血球の自律神経支配のメカニズムを解明するなど、数々の新発見で各国の医学界に衝撃を与える。世界的免疫学者。
『免疫革命』(講談社インターナショナル)、『未来免疫学』(インターメディカル)、『体温免疫力』(ナツメ社)、『「薬をやめる」と病気は治る』(マキノ出版)、『疲れない体をつくる免疫力』(三笠書房)など、著書多数。

医学博士 安保徹オフィシャルサイト
http://www.abo-toru.com/  リンク切れ

 

 

内容紹介

発症のメカニズムがわかれば、病気は治る!
高血圧、糖尿病、緑内障から、うつ、アトピー、リウマチ、がんまで。
手紙や電話で患者さんから寄せられた質問に、世界的免疫学者が初めて答えます。



■希望を持ちましょう 病気は治ります!
3年ほど前からはじめた研究では、自律神経と白血球の関係とは別に、ストレスが「エネルギー生成系」(体のエネルギーを作り出すシステム)にも影響を与え、病気を発症させることがわかりました。
病気が発症するメカニズムがわかると、どうすれば病気を治せるのかもわかります。ストレスのない人生などありえませんが、生き方を見直して働き過ぎや悩み過ぎを改め、ストレスを減らしていけば、免疫力が回復し病気は治癒に向かっていきます。
これは言い換えれば、病気が発症するメカニズムを知らずにいれば、的確な判断ができず、いたずらに悩み続け、治癒の流れから遠ざかってしまうということです。
私たちの体には病気を治す免疫力と自然治癒力がそなわっています。
本書を読むことで、病気の治し方がわかり、免疫力が高まって治癒の世界に入っていくことができます。つねに希望を持ちましょう。
(「はじめに」より)
 

内容(「BOOK」データベースより)

発症のメカニズムがわかれば、病気は治せる。高血圧、糖尿病、緑内障から、うつ、アトピー、リウマチ、がんまで、患者さんの質問に世界的免疫学者が初めて答える。病気の治し方がわかります。

 


 

免疫学者・安保徹氏が語る『病気が治る免疫相談室』

http://www.youtube.com/watch?v=NHPHHlXkwzg&feat…re=related

 

 

ソフトバンク クリエイティブ チャンネル

 

 

マップは SoftBank Creative

〒106-0032 東京都港区六本木2-4-5 興和六本木ビル

Google Map Street View 


閲覧数88 カテゴリ医療、医学、医源病退治 コメント0 投稿日時2011/11/18 21:52
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み