1,497万kW/1,918万kW (05/27 08:35)
78%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=295673
2019年06月04日(火) 

何処でどう間違えたのか?

 

歴史に if は禁物、とか言うけれど、

過去の検証無しに未来は見通せない、

そう思っています。

司馬遼太郎も同じ思いで歴史小説を書いたのでしょう。

 

なぜ第一次世界大戦の後、国際協調路線を歩み続けられなかったのか?

幣原外交を貫けなかったのか?

現在の国際情勢と、そんなに違わないじゃないか。

大東亜戦争で亡くなった三百万の英霊は何の為に死んだのか?

 

なぜ満州事変なんか起こしたのか?

 

Wikipedia より

柳条湖事件は、満洲事変の発端となった事件である。
柳条湖(溝)事件は、河本大作大佐の後任の関東軍高級参謀板垣征四郎大佐と関東軍作戦参謀石原莞爾中佐が首謀しておこなわれた。」

 

結局、大佐中佐が日本の針路を牛耳った!!!

その前段が河本大作大佐が首謀した張作霖爆殺事件

親父を殺された張学良が日本の言う事を諾くはず、ないじゃないか。

満鉄に並行して鉄道を敷設し、料金はダンピングした。

満鉄の経営は破綻し、それを救済するために満州事変を起こした。

そもそも、張作霖が日本の言う事を諾かなくなって、英米寄りになったのを怒っての暗殺だ。

英米と協調すればいい話。

現在の世界情勢とそんなに違わないじゃないか。

対英米の太平洋戦争まで突き進んでいくのは必然じゃないか!

 

坂の上の雲」から一転、「転がり落ちた坂」になってしまった。

 

満洲某重大事件(張作霖爆殺事件)は
1928年昭和3年)6月4日

起きました。

 

旧・満州


マップは 事件現場「皇姑屯駅奉天(現瀋陽市


閲覧数162 カテゴリ戦争と平和 コメント4 投稿日時2019/06/04 10:07
公開範囲外部公開
コメント(4)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み