1,434万kW/1,994万kW (03/23 05:05)
71%
2019年01月08日(火) 

あなたのパスワードが侵害されました。個人的対応

 

 インターネットでの個人情報の流出はインターネットを利用する上で必要なプロバイダ契約から始まっています。この段階で住所氏名、生年月日、性別、支払い情報を登録し、アカウントとパスワードそれにメールアドレスとパスワードを割り当てられます。

 

 次にそのメールアドレスで各種サービスの利用登録をするのですがサービス毎に個人情報流出の危険が有り、アカウント、パスワードの使い回しが有ればリスクが増大します。

 

 主要Webサービスではメールアドレス=アカウントになるので注意が必要で、Google、Yahoo、MSNでは@の右側は推測しやすいのが普通です。

 

  SNSではメールアドレス=アカウントですがユーザーの中にはパスワードにメールパスワードをそのまま使っている場合も有るようです。

 

 アカウントとパスワードの流出防止は個人では出来ないのでリスクを減らすことだけを考えてみました。

 

1,Webサービス毎にアカウントを変える。

 Google、Yahoo、MSNではそれぞれ5個のメールアドレスを取得できるのでこれで十分だと思います。

 

2,個人的にやっていること。

・Webサービス毎に@の左側をWebサービス名にして流出元を特定している。

 

  


閲覧数85 カテゴリインターネットとメール 投稿日時2019/01/08 12:56
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み