1,359万kW/1,869万kW (05/21 20:45)
72%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=296413
2019年01月17日(木) 

インフルエンザが流行ると患者さんが減る??田舎の医療機関

 

 今日の往診のときに聞いた話です。インフルエンザの流行がテレビや新聞で報道されると田舎の医療機関では患者さんが減る傾向が有るそうです。

 

 インフルエンザの流行すればインフルエンザの患者さんは増えるそうですが対症療法薬の進化で診断、投薬  あとは一週間の外出禁止?らしいのでインフルエンザの新規患者さんより日課?として来院されている患者さんが感染を恐れて来院されなくなるそうで結果的にインフルエンザが流行ると患者さんが減る??そうです。

 

 自分の経験でも自宅療養の初期の隔週の通院が苦痛でした。10分の経過観察の診察を受けるのに2時間待たされ投薬にも1時間以上・・・

 

 いろんな病原菌を持っているはずの大勢の見知らぬ人の中に居ることを強いられることが苦痛で耐えられず結果的に通院を止めました。

 

 小規模の医療機関では無理だと思いますが、大病院なら感染症患者とそれ以外は分離してほしいものです。

 

 自分は隔週の往診を選択しました。

 

  


閲覧数159 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/01/17 16:14
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
福岡県久留米市で2級パソコン整備士常駐の”パソコン修理久留米”を自営…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み