1,792万kW/2,092万kW (02/23 20:15)
85%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=297052
2019年02月10日(日) 

 

「晨朝(じんじょう)」

 

JR京都駅から徒歩約15分、

京都堀川通の西側に面した、

西本願寺の朝のお勤めのことです。

 

2月5日(火)、6日(水)の二日、

晨朝にお参りしました。

西本願寺の開門は朝5時半、

晨朝は6時から始まり、

約1時間です。

最後列ですが、

イス席もあります。

 

晨朝の動画を見つけましたので、

参考まで

→ http://broadcast.hongwanji.or.jp/html/guide.html?bc…4482140001

 

5日の朝、

写真を撮りました。

お勤めの最中は、

スマホなど音の出るものはオフです。

写真が暗いのが晨朝の前、

明るいのが晨朝の後で7時頃です。

 

天水受けの下に、

キモカワイイ邪鬼もいますよ♪(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


閲覧数57 カテゴリ宗教 コメント4 投稿日時2019/02/10 15:47
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/02/10 16:52
    朝早くからのお勤め大変ですね  ヤハリ正信偈のお勤めですか?

    私は毎日夕方正信偈を読経しています!
    次項有
  • 2019/02/10 18:28
    > いぐたんさん

    通常は、阿弥陀堂で讃仏偈、御影堂で正信念仏偈六首引き・法話・御文章、その後に帰敬式です。
    でも昨年12月から阿弥陀堂の工事が始まり、しばらくは全て御影堂で行われています。
    なお、六首引きは三帖和讃の繰り読みです。(^O^)
    次項有
  • 2019/02/11 11:00
    西本願寺。凄いですね! 日本人は宗派は違えど
    違和感なく争いがない。また、キリスト教もイスラム教
    も受け入れる、多様性がすばらしいです。
    誇りに思います。!(^^)!
    次項有
  • 2019/02/11 16:12
    > ジーメンさん

    昔の日本は多様性がなかったので、お念仏を広めたために、法然聖人のお弟子四人が死罪に、法然聖人・親鸞聖人など八人が流罪になりました。
    親鸞聖人はよく生き延びられたたものだと思います。そうでなかったら今、西本願寺も東本願寺も東京の築地本願寺もありえません。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
本荘ケイさん
[一言]
オオサンショウウオとホタルの棲む川沿いのムラに、私は住んでいます。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み