1,498万kW/1,755万kW (06/19 12:35)
85%
■バックナンバー
■カテゴリ
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=297256
2013年01月18日(金) 

連歌「鳥の歌」

 

「カタロニアでは

鳥はピース、ピース、ピースと鳴くのだ。」

 

パブロ・カザルスのその思いを唄いつぐプロジェクト。

 

 

 

 

Pablo Casals receives the U.N. Peace Medal

https://www.youtube.com/watch?v=xOXvZSKFbBA

 

 

Souju Nosaka | 連歌 鳥の歌 - El Cant dels Ocells

 

 

 

パブロ・カザルス「鳥たちのうた」(1971年国連スピーチ&イントロ・ミックス)

https://www.youtube.com/watch?v=3umVAHJNUKE

 

 

Pau Casals: Song of the Birds

https://www.youtube.com/watch?v=_T8DjwLt_c4

 

 

 

パブロカザルス 鳥の歌

https://www.youtube.com/watch?v=CAGBYm-HvTQ&lis…=1&t=5

 

 

鳥の歌 カタルーニャ民謡 カザルス編曲 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=q5CZCbW5x-s

 

 

Pau Casals - El cant dels ocells (at the White House)

https://www.youtube.com/watch?v=qKoX01170l0&lis…1&t=63

 

 

 

 

鳥の歌 カザルス 歌詞と視聴 - 世界の民謡・童謡

http://www.worldfolksong.com/songbook/spain/el-cant…cells.html

1971年 国連本部での伝説的スピーチ
20世紀最大のチェリスト(チェロ奏者)との名声を獲得していたカザルスが94歳を迎えていた1971年10月24日、国連の日を祝う演奏会がニューヨーク国連本部にて開催された。

このコンサートでは、カザルスが作曲した『国際連合への賛歌』が自身の指揮で初演され、当時の国連事務総長からカザルスへ国連平和賞が贈られた。

演奏会は続き、最後にカザルスの国連賛歌が演奏されると、指揮台をおりたカザルスは、国連総会の大勢の参加者に向かって静かに語り始めた。

「私は長い間、公の場でチェロを演奏していませんでしたが、また演奏すべきときが来たと感じています。」

運ばれてきたカザルス愛用のチェロを手にすると、彼はさらに続けた。

「カタロニアの民謡から『鳥の歌 El Cant dels Ocells』という曲を演奏しようと思います。鳥たちはこう歌います。『Peace, Peace, Peace(平和、平和、平和)』と。そのメロディは、バッハ、ベートーベンそして全ての偉人たちが賞賛し、愛したもの。そしてわたしの民族、カタルーニャの魂なのです。」


 

 

鳥の歌 (カタルーニャ民謡) - Wikipedia

 

「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は

 peace、peace と鳴くのです」

 

パブロ・カザルス - Wikipedia

 

 

マップは スペインカタルーニャ地方


閲覧数217 カテゴリ戦争と平和 コメント0 投稿日時2013/01/18 20:01
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
Double Eagle @kachinetさん
[一言]
初めまして。かちねっと(葛飾地域づくりネットワーク)から引っ越して…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み