1,639万kW/1,989万kW (03/21 18:05)
82%
2019年03月13日(水) 

OS修復用機材(パソコン)揃いました。

 

 以前からOS修復用機材(パソコン)は揃っていましたがメインの業務用と、内蔵メモリ32Gのワークステーション級のパソコンはOS修復用やデータ修復には使いたく有りませんでした。

 

 データ修復・復元には連続100時間運用が必要な場合も有るし、その間にパソコンが壊れたら無駄な被害が大きすぎます。

 

 OS修復用パソコン

1,Xp、Vista、Windows7,8,8.1、10 x32ビット x64ビットすべてがインストールできるパソコン。

 

2,ハードディスク動作モードがATAとAHCIに切り替えが可能なパソコン。

 

3,MBR形式とGPT形式の両対応のパソコン。

 

4,セキュアブート(UEFIモード)とレガシーブート(BIOSモード)の切り替えが可能なパソコン。※3と4はほぼ同じです。

 

 この4個の機能を1台で備えたパソコンは存在しません。少なくとも3台のパソコンが必要ですが、メインの業務用と、内蔵メモリ32Gのワークステーション級のパソコンを別にしてデスクトップパソコンとノートパソコン両方で整備できました。

 

  OS修復用のパソコンが必要な理由はOS修復を必要とする場合パソコン本体に問題がある場合が多く、作業速度、安全性のことも含めて別のパソコンでOSの修復を実行しています。特に壊れたWindows10の修復には効果絶大です。

 

  


閲覧数60 カテゴリPC修理-OS・データ復元 投稿日時2019/03/13 16:46
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
家族の招待です。家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み