1,649万kW/2,074万kW (08/25 11:05)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=300396
2019年06月12日(水) 
宿に荷物をおいた後は、アイアンマンチェックインに向かいます。
結構肌寒いので、長袖シャツにしました。持ってきてよかった。
自転車がなければUberで十分なので、安いUberで移動します。
場所はケアンズの中心街、Cairns Esplanadeに沿って設けられたEXPO会場。

チェックインブースでフォトID(パスポート)を見せて本人確認の上、
大会期間中のIDとなるリストバンドを手首に着けてもらい、
レースキットをもらいます。

レースキットの中には、
1)レースナンバー(ビブ)
2)ステッカー(バイク用、ヘルメット用など)
3)ラン用・バイク用ギアバッグ&ステッカー
4)ストリートバッグ
5)ナンバータトウー
6)スイムキャップ
などが入っています。

さらに、別のところで、計測チップをもらいます。
(Iさんはこれをもらい忘れて、あやうく記録なしになるところでした。)

IMチェックインを済ませたら、15時の日本語説明会まで、各自フリータイム。
早速、IMショップでIMグッズを爆買いする輩多数。
私はとりあえず見るだけにしておきました。

15時から近くのPullman Reef Hotelで日本語説明会。
アイアンマン・ケアンズには例年多数の日本人が参加しており、
今回も300人の日本人が出場するそうです。
そのため、こうしてちゃんと日本語説明会も開催されるのです。

1時間ほどで説明会も終了。
外は結構雨が降っていて、あまり移動したくないので、
そのままホテルロビーの中華で点心つまんで時間をつぶします。

18時半からパスタパーティー。大きなテントの中に参加選手が集まって、
3種類のパスタやデザートが食べ放題。ただし、飲み物はノンアルコールのみ。

20時にパスタパーティーが終了。
スーパーで買出しをしてタクシーで宿に戻り、自転車の組み立てにかかります。

と、ここで大問題発生。何と電動シフトDi2が動きません。
調べてみると、ピラーからバッテリーを抜いてサドルを下げた際に、
ケーブルが断線した模様。自分で被膜をはがして結線してみましたが、ダメ。

バイクチェックインは明日(6/8)の16:30まで。
このままだと、せっかくケアンズまで来たのにDNSになってしまいます。

明日、メカニックに行って見てもらおうか、と思いましたが、
場所はT1のパームコーブ。ケアンズからはバスで行かないといけません。
おまけに公式メカニックはスラム。明らかにケーブルの断線っぽいので、
万が一、シマノのケーブルがなければ、どうしようもありません。

むしろ、EXPOでシマノのブースがあれば、そこに持って行くか、あるいは、
現地のショップに行った方が確実かもしれないなあ、と考え直しました。
ネットで調べてみると、ケアンズの中心部に評判のいいショップがあったので、
場所をチェックして、不安を抱えたまま眠りにつきました。

6/8、大会前日です。
スーパーで買った朝食(サンドイッチとヨーグルトとバナナ)を食べ8時に出発。
自走でT2まで行き、ランバックをテントの自分の番号の所にかけます。
中身は、ランシュー、ランパン、バンダナ、ナンバーカードを入れました。

みんなはその後、バイクを預けてT1まで運んでもらい、
10時のバスでT1に移動してバイクバッグを預けるのですが、私は一人別行動。

まずはDi2の不具合を直さないとバイクチェックインができません。
EXPOでシマノのブースを探しますが、ありません。
すぐに、探しておいた近くのショップ、Pump N Pedals に駆け込みます。

"My Bike's Di2 is in trouble!
Perhaps cable is broken or disconnected."と必死に訴えると、
若い女性が、"OK. We'll fix it. No problem."と言ってくれました。

私の他にも、アイアンマンに出場する選手が修理の依頼に来ていました。
アイアンマンと提携・協賛しているショップのようです。

電話が使えないので、2時間半後の11時半にもう一度来て、と言われました。
ピラーの中のケーブルが断線しているとすると、
クランクを外してBBを通っているケーブルを新品に交換する必要があります。
結構手間がかかりそうですが、間に合うのでしょうか。

待っている間、別途手配で先に来ている青トラのチームメイトIさん夫妻が、
近くの公園をドライブしたりして、一緒にいてくれたのは心強かったです。
11時半過ぎに行ってみると、「動くようになった、あと少し」とのこと。

12時過ぎに無事、直った自転車を受け取ることができました。
料金は130AUD(9750円)。DNSになるのに比べれば全く問題ありません。

バイクチェックインするパームコーブまでは、
Iさん夫妻がレンタカーで送ってくれました。本当に助かりました。

12時半にバイクとバイクバッグのチェックインを済ませ、T1日本語説明会に参加し、
スイムコースと、スイムアップからバイクスタートまでの動線を確認。
ここで無事、他のメンバーと合流することができました。
(みんなはこの間、試泳していたようですが、かなり波が高かったそうです。)

説明会後は、パームコーブのビーチサイドのパブでランチ。
おしゃれにシャンパンを飲んで、シーフードチャウダーを食べました。

14時のバスでケアンズに戻り、IMショップで買い物をして、
16時からT2日本語説明会に出て、夕食に海南鶏飯食べてから宿に戻り、
シャワーを浴びてナンバータトウーを貼って、20時には早々と就寝しました。

閲覧数78 カテゴリトライアスロン(レース) コメント0 投稿日時2019/06/12 13:50
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
走る桜島さん
[一言]
いろいろ運動した記録です。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み