1,649万kW/2,074万kW (08/25 11:05)
79%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=300397
2019年06月12日(水) 
6/9、いよいよレース当日。
起床は3時。サンドイッチとヨーグルト、フルーツの朝食を食べ、
4時半にUberに迎えに来てもらい、宿を出ました。

4時50分にT2からT1行きのバスに乗車。まだ外は真っ暗です。
念のためヘッドライトをつけて行きました。
T1到着後、ヘルメットチェックを受けてバイクラックに行き、セッティング。

バイクボトルには電解質入りの氷水を入れました。
Eさんがオイルを貸してくれたので、注油もしておきました。

セッティングが終わったら、トイレの列に並びます。
一応、宿でもしてきたのですが、まだ出切らない感じです。

一通り準備が終わってもまだ6時半過ぎ。
スタートまではまだ1時間以上あります。

青トラの仲間達とハーフ(アイアンマン70.3)のスタートを見物。
今日は昨日より波が高くなく、泳ぎやすそうです。

再度、トイレに並び、ようやく出し切ったら、T1クローズの7時。
ウェットを着て、眼鏡置場にサングラスを置こうと思ったら、
70.3の選手達がスイムアップしてきて、近づけません。
近くにいた係員に頼んで、置いてもらいました。

スタート地点まで着てきたウェアとレース後のウェアを、
ストリートバッグに入れて預けたら、準備完了。

スタートまで試泳します。天気は晴れ、水温は22度です。
長丁場なので、あまりここで心拍をあげる必要もないかと思い、
水慣れ程度にしておきました。徐々に緊張が高まってきます。

7時35分にエリートがスタート。
エイジグループは7時45分からウェーブスタートします。
一応、タイム順に4グループあるのですが、あまり関係ない感じです。

並んだ順に3~4人ずつ、砂浜を駆け出して行きます。
私はちょうど8時にスタートしました。

スイムコースは3.8キロのコースを1周回。
まずは沖に泳いで行き、白色のブイを回ってからは、
浜と平行に、潮流に逆らう形で泳ぎます。

海は、ほど近いグレートバリアリーフの美しい海とは違い、
砂混じりで茶色く濁っていて、自分の手先すら見えません。

当然、周りの泳者も水中では見えないのですが、
ウェーブスタートのためバトルはほとんどなく、助かりました。

前日の日本語説明会で、折り返しのブイ以外は、
必ずしもブイの外側を回らなくてもいい、と聞いていたので、
2つ先までブイが見えるときには、そこに向かって最短コースを泳ぐよう心がけました。

意外と早く、折り返しの紫色のブイが見えてきました。
帰りは潮流が追う形になるので、行きよりは楽になります。
1時間半を切ってスイムアップ。スイムが苦手な私にしては上出来です。

ウェットを脱ぎながら走り、眼鏡置場でサングラスを回収して、
バイクバッグをとって着替えテントへ。

着替えテントにはボランティアがいて、いろいろと世話を焼いてくれます。
Are you OK?と聞かれたので、OK。と応えたのですが、
後で聞くと、頼めばウェットを脱がしてくれるんだそうです。

バイクジャージに着替え、ジェル飲んでバイクをピックアップ。
マウントラインを越えてバイクに乗り、コースに出ていきます。
コースに出るときに、サドル後ろのボトルを落としてしまいました。

バイクコースは、パームコーブからポートダグラスまで北上するルートを2周して、
そのままケアンズまで南下する180キロ。

初めの1周は抑えていこう、と思い、150wを目安に走り出します。
海岸線の美しい道路ですが、ところどころ路面が荒れているのと、
白線のところに埋め込まれた赤色のキャットアイには注意が必要です。

ポートダグラスで折り返して南下する60キロあたりから、
腰痛が酷くなってきて、DHポジションがとれなくなってきました。

前の週に1週間海外出張、直前にも国内出張があって、
腰に負担がかかっていたのでしょう。

平坦なコースと聞いていましたが、それなりに起伏があり、
海沿いなので、風の影響もあります。

2周目に入ると、目に見えてパワーが落ちてきました。
パームコーブを越えてケアンズに南下するあたりからは、
吐き気までしてきて、100W出すのが精一杯。

スイムで先行していた仲間達にも抜かれてしまい、
最後の10キロは平均速度20キロ。もうサイクリングペースです。

それでも、180キロを一度も休憩せず(1回トイレには行きましたが)、
走りきれたのはよかったです。

バイクは最低でも7時間は切りたいと思っていましたが、それもかなわず、
7時間5分でバイクアップ。これはランは厳しくなるぞ、と思いました。

ディスマウントラインでバイクを降りてボランティアに渡し
(ハーフは自分でラックにかけるのですが、アイアンマンはかけてくれる)、
T2でTシャツとランパンに着替え、いよいよ最後のランパートへ。

ランは空港までの往復コースを4周回。
周回ごとにラップバンドと呼ばれる腕輪をもらい、4つ揃えると、
ゴールへと続くレッドカーペットへの道に入れます。

無理をせず、キロ7~8分のスローペースで走り出しましたが、
それでも吐き気はおさまりません。

ほとんど補給はとれませんが、エイドでは氷をもらって、
バンダナに入れて後頭部を冷やします。

2周目あたりから日が暮れてきました。
ケアンズの街中を通るコースなので、沿道からは、
日本人を含む多くの人たちがGood JOb!"とかKeep Going!"とか、
声援を送ってくれます。
現地の子供が着ぐるみを併走してくれたりもしました。

速い選手達が、You're an IRONMAN!とコールされて、
ゴールしていくのが聞こえてきます。

私はまだ半分以上残っていますが、
制限時間(16時間半)までにはかなり余裕があるので、
前に進み続けていれば必ずゴールできる、
とにかくゆっくりでも脚を止めないように、と思って進みました。

青トラの仲間達とは、すれ違いで声をかけたり、かけられたり。
脚が攣って止まっている仲間や、辛そうに歩いている仲間もいて、
みんな苦しいんだ、と思って頑張ります。

3周目を終え、いよいよ最終周。もう空港近くは真っ暗。
エイドも徐々に撤収が始まりつつあります。

何も考えず、「50歩歩いて100歩走る」のを繰り返して進みます。
周りは歩いている選手ばかりで、私が走っているだけで、
大きな声援をもらえます。

遅々たる歩みですが、ゴールは着実に近づいています。
ゴールへ向かうレッドカーペットが見えてきました。

最後は、バンダナを外し、服装を整え、
大声援を送る観客と右に左にハイタッチしながら、
You're an IRONMAN!のコールの中、両手を突き上げてゴール!

アイアンマン・ケアンズ、15時間3分で完走です。

閲覧数90 カテゴリトライアスロン(レース) コメント0 投稿日時2019/06/12 13:50
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
走る桜島さん
[一言]
いろいろ運動した記録です。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み