1,563万kW/1,783万kW (11/16 09:15)
87%
2019年06月23日(日) 

USBメモリが安くなった。注意すべき取扱

 

 ネットショップでの衝動買いが止まりません。特にタイムセールでお一人様1個限定に弱いのです。登録済みのカード決済なので3,4回のクリックで購入できるので・・

 

 最近、USBメモリが安くなっています。パソコンのUSB端子が3.0対応が多くなったので旧規格のUSB2.0の安さが目立ちます。

 

 小容量のデータの移動にはUSB2.0で十分なのですが高速にひかれてUSB3.0のUSBメモリを買われる方がいますが利用するパソコンのUSBポートが2.0なら価格が高いUSB3.0メモリの意味がありません。

 

 USB2.0とUSB3.0の見分け方は端子部分の色です。パソコンのUSBポートもUSBメモリの端子も接続部が黒が2.0青が3.0で接続の互換性は有りますが、どちらが2.0の場合速度はUSB2.0規格になります。

 

 USBケーブルはパソコン側は同じですが機器側(プリンター。USB外付けHDDなど)は形状が違い互換性は有りません。

 

 最近気になっているのがUSBメモリの取り外しのタイミングです。パソコンをOFFにして画面が消えたらすぐに外すと残量電気やポート自体が電流が流れっぱなしの場合も有るのでご注意ください。

 

 USBメモリの取付時にはまっすぐに挿してください。頻繁に抜き差しをすると緩くなり電気的ショートも発生します。USBハブや延長ケーブルがじゃまにならない場合はこれを利用することでパソコン側のUSBポートの劣化防止が出来ます。

 

 昨日注文したUSBメモリは2.0-64G書き込み禁止スイッチ付きで1,110+100円でした。2個注文したので2,220+100円でした。

 

 これは衝動買いでは有りません。書き込み禁止スイッチ付きなら容量や価格は気になりません。Windowsのプロダクトキーを表示できるフリーソフトやウイルス駆除のソフトがセキュリティソフトで削除されるのを防ぐ唯一?の方法がき込み禁止スイッチ付きUSBメモリの利用です。

 

 


閲覧数55 カテゴリWindows & PC 投稿日時2019/06/23 19:47
公開範囲外部公開
■プロフィール
3988さん
[一言]
前の地域SNSでの家族グループを再現したいと思っています。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み