2,196万kW/2,847万kW (08/21 19:55)
77%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=301157
2019年07月16日(火) 
夕べ泊まった花蓮と、今夜宿泊の台東とのほぼ中間辺りにある玉里駅。
その近くに2つ続いた赤い(ちょっと色あせてきていますが)アーチ橋が美しい人気の撮影ポイント、客城鉄橋が今日の目的地です。

日が当たっていないと赤い鉄橋が美しく写りません。

朝起きて空を見ると、ほとんど雲の無い青空です。
雲があまり発生しないようにと願いながら特急列車で50分、玉里も快晴です。

およそ20分ほど歩いて撮影ポイントに到着。
何本かの列車を撮影、まあ満足のいく撮影ができたかと思います。


アーチの側面を照らしていた太陽が移動し、11時過ぎるくらいからだんだんと橋の側面を照らさなくなってきます。
光りがまともに当たらなくなると、赤いアーチが美しく写らなくなってしまいます。
雲がだんだんふえてきました、撮影時間は終了です。


再リベンジ成功しました(前に再々リベンジと書きましたが、再リベンジでした)。

閲覧数46 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2019/07/16 16:27
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/07/16 17:24
    ベッガさん
    全部のリベンジに成功してしまうと、もう一度台湾に出かける必要はなくなりますね。少し残念かも・・・
    次項有
  • 2019/07/16 19:54
    鉛筆zosanさん
    > ベッガさん
    どうぞご心配いなく・・・。

    リベンジはあと一か所有るのですが、いつ行っても(と言ってもまだ2回しか行っていませんが)お天気が良くないのです。
    良くないと言っても、雨ではなく、曇り? と言うかいつも空気が濁っている所なんです。

    多分今回もすかっとしたお天気は望めないかもしれないと思って居るのですが。。。

    もし、リベンジ成功してもまた来るかもしれないですよ。
    次は観光主体と言うことも有るかもしれないし。。。
    次項有
  • 2019/07/17 10:30
    > zosanさん

    海があって険しい山があってまた川が流れる低地がある。←東西断面
    その山脈一つ隔てた低地が花蓮〜台東を貫いてる訳です。←南北断面
    鉄道だととても温厚な地形だけど、海沿いの道はすげえ険しい。
    福島の浜通り・中通りをイメージするといいかも。
    そんなわけで花蓮〜台東はとんでもなくいいです。
    次項有
  • 2019/07/17 10:52
    鉛筆zosanさん
    > かーりーさん
    風景は東岸が素晴らしいですね、列車移動は西側より東側の方がはるかに良いですね。
    列車移動は東岸に限ります。西部幹線の車窓はつまらない、居眠りするなら西側です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月16日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み