1,845万kW/2,050万kW (11/20 18:35)
90%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=301317
2019年07月23日(火) 
関西学院大学総合政策学部のサイバー社会論の授業は、先々週に最終講を終了して、いよいよもっとも学生たちに興味のある成績評価となりました。

普段からリフレクションや授業参加でこつこつ加点していくポイントが60点、最後の授業でのグループ発表関連で20点、個々に提出する最終レポートが20点で計算します。

一発勝負のテストではなく、自分で自分の学びを振り返り成長を実感できるこの方法は、評価する立場としては大変ですが、ベストに近い手法だと感じています。

中間点を過ぎたところで、もう少し努力して欲しい学生にはイエローカードを送付して後半の発憤を促しましたが、その甲斐もあってか、最終レポート提出までこぎ着けた学生には最低でもなんとか単位認定をしてあげられそうです。

半期、毎週のリフレクション提出と論文の予習を重ねて頑張ったのだから、全員にその努力を褒めてあげたいというのが親心。
きちんとその思いに応えてくれた学生たちには、改めて感謝したいと思います。

しかし、70名近いレポートを読み込んで、やっと採点して集計していると、なんとふたり未提出がいました。
ふたりともこれまでの成績だけでは60点に到達せず、レポートが提出されないと単位をあげるわけにはいきません。

すでに締め切りをすぎて数日経ちますが、本日24時を期限にして出すようにメールをしました。もちろん遅延のペナルティは減点して。
最後まで頑張ってきちんと単位を取ってほしいものです。

閲覧数137 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2019/07/23 09:36
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 07月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み