2,213万kW/2,651万kW (08/26 15:25)
83%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://hyocom.jp/blog/blog.php?key=301323
2019年07月23日(火) 
ホテル至近の駅から捷運(MRT)で何駅か先に北投(ベトウ)と言う駅が有ります。

北投駅からたった一駅の支線が有ります、多分温泉地に行くための路線でしょう。

温泉街がどこに有るのか分からないので、北投駅で降りて支線の終点駅新北投駅に向けて歩いてみます。

新北投駅まで歩いても温泉街はどこに有るのか全く分かりません。北投駅にも新北投駅にも周辺の地図が掲示してあるのですが<温泉街>と言う文字は見つかりません。

その辺を歩き回りますが温泉街的なイメージは有りません。台湾の温泉街の雰囲気が全く分からないので見逃しているのかもしれませんが、場末の街路のイメージしかありません。

半ばあきらめ気分で駅前まで戻り一服、ふと反対側のビル街に行ってみようかと思いました。そちら側は背の高いビルが林立しているので温泉街ではないと頭から決め込んでいたのです。

ところが一番近いビルに「泉都温泉会館」と言う文字が・・・。
その道路を歩いた見ると、ずらりと大きな温泉ホテルのビルが並んでいたのでした。

ちょっと鄙びた温泉街を想像していたのですが、大近代温泉街だったのです。
「加賀屋」も有りました、日本の加賀屋の系列なのかどうかは分かりませんが、一番大きそうなホテルでした。



温泉街が見つかったので戻ります。

ホテルの至近駅に近づくにつれて空がだんだん暗くなってきました。
駅を出るとポツリと雨粒が・・・、急いで戻ります。

ホテルまでの途中に大きな交差点が有ります、運が悪いとずいぶん長いこと信号待ちしなければならない交差点です。
この道路を渡る箇所以外の歩道はビルの1階部分を歩くので傘はは要りません。
急ぎます。
ポケットに傘は入っていますが、面倒なので広げたくありません。


案の定この交差点では長いこと待たされました。
その間に雨はちょっと強くなってきました。

でも、何とか傘なしで帰り着くことが出来ました。

雨はまだまだしとしとと降っていますが、昨日のような雷は全くありません。

夕食に出る時も傘不要だと良いのですが。。。

閲覧数25 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2019/07/23 17:54
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
zosanさん
[一言]
84歳になりました。海外の美しい景色の中を走る鉄道写真の撮影が好き…
■この日はどんな日
ほかの[ 07月23日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み