1,646万kW/2,135万kW (01/19 16:45)
77%
2019年08月15日(木) 
◇エチオピア・イルガチェフ(G1)◇
【生産国】エチオピア
【産出地域】YIRGACHEFFE地域のKONGA
【生産高度】1800~2000m
【精製方法】WASHED

アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。
コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。

「エチオピア・イルガチェフ」はコーヒー発祥の地と言われるエチオピア、アビシニア高原南部のシダモ地方の産。
 YIRGACHEFFEの収穫されるKONGAは標高1,800~2,000メートルの標高にあり、YIRGACHEFFE地域の中でも最も標高が高い地域です。
また、高い標高に加え土壌の条件が優れた地区で、コーヒーの栽培には最も適した地区であるということが言えます。

この地域で生産が始まったのは、1950年代とコーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、紅茶にも似た特徴的なフレーバーとワインにも感じられるフル・ボディーのカップで、このイルガチェフェ地区のコーヒーが『YIRGACHEFE』の名で急速に取引されるようになりました。
『イルガチェフG1』はエチオピアのコーヒーの中で最高位にランクされております。

エチオピアコーヒーとしては珍しい【水洗式の精選方法】をとっています。
アン・ウォッシュドコーヒーはいわゆるモカ特有のモカ臭が強いのが特徴ですが、ウォッシュド・コーヒーはモカ臭は少なく、コーヒーの本来持っているすっきりとした甘味に特徴があります。

この最高傑作が奏でるテイストは、口いっぱいに広がるワインフレーバーの豊潤な香りと、バランスの取れた上品な甘味を醸し出します。


========
◇自家焙煎の店 フクモト珈琲◇
https://www.fukumotocoffee.com/
https://www.facebook.com/fukumotocoffee/
https://www.instagram.com/fukumoto.coffee/
大阪府東大阪市近江堂2丁目10-49
TEL:06-6725-6172
営業時間: 9:00~19:00
定休日: 日曜・月曜
========

閲覧数56 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2019/08/15 16:33
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2019/08/15 20:56
    zosanさん
    一口にコーヒーと言っても色々あるのですね。
    それも豆の種類だけでなく、生産地や製法の違いなどでもいろいろあることがフクモトさんのブログで分かりました。
    ありがとうございます。
    次項有
  • 2019/08/15 23:03
    > zosanさん

    いつもコメントありがとうございます。
    日本茶でも、産地によって味が違い、製法も色々あるとお聞きしています。

    世界60ケ国で生産されているコーヒーは、元の苗木は同じでもその国独特のコーヒーとして進化しているのもうなづけるお話だと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
フクモト珈琲さん
[一言]
SNSで繋がった地域の良縁を、大切に紡ぎながら大きく育んでいきたいです…
■この日はどんな日
ほかの[ 08月15日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み